本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>

2015年上半期の純メディア支出は微減。-0.9%

3分で読めるシリーズ|2015年10月

インターネット、アウト・オブ・ホーム、シネマによる成長

DIEMEN - 2015年10月19日 - 景気回復にもかかわらず、オランダの純メディア支出は2015年上半期に0.9%減の17億8000万ユーロとわずかに減少しました。インターネット、アウトオブホーム、シネマは広告収入が増加し、その他のすべての媒体タイプは2015年上半期にメディア支出の減少に対処しなければなりませんでした。このことは、ニールセンが間もなく発表する「半期報告書 Netto Media Spending 2015」から明らかである。

2015年上半期のネットメディア支出の展開は、原油価格下落の衝動で回復した景気回復と相反するものであった。その結果、個人消費は増加し、消費者信頼感はプラスに転じた。生産者信頼感はすでにプラスであった。景気回復は、輸出だけでなく、消費の拡大、企業投資の持ち直し、建設や住宅市場などの主要部門の力強い回復によってもたらされた。それにもかかわらず、広告主のメディア予算は縮小しました。

インターネットに対するネットメディア支出の増加は、市場全体の発展 をやや不明瞭にするものでした。インターネットは前年同期に比べ7%と半分の伸びでしたが、インターネットがなければ、ネットメディア支出全体は5%以上減少していたでしょう。その一因は、テレビとラジオにあります。どちらも2014年上半期は、それぞれ6.7%、8.5%という高い伸びを示し、非常に好調だった。2015年上半期、その様相は突然大きく変わり、テレビは4%以上、ラジオはさらに5%近くも減少した。

印刷メディアは打撃が及ぶ隅に留まった。新聞は広告収入が8%以上減少した。これは、前年同期の14%近い落ち込みより少ない。公共雑誌も、広告主が印刷広告の予算をより少なく確保していることを再確認しなければならなかった。8.5%と、前年同期(-10%)よりやや減少している。戸別訪問新聞は、-12.5%と例年通り広告費の減少が目立ちました。

一方、アウトオブホームは、4半期連続で純媒体費の増加を記録した。2014年上半期に3%、下半期に4.5%増加した後、2015年上半期も成長が続いている。4.6%.映画館が50%以上と圧倒的に大きな伸びを示したが、これは映画館の入場者数が12%増と好調だったことと、オランダの2大作品(Gooische Vrouwen 2とMichiel de Ruyter)のおかげでもある。

ニールセンについて ネットメディア支出に関する調査

Nielsenは、純広告支出を算出するために、オランダの出版社やメディア事業者を対象に年2回の調査を行っています。その際、当該年度の純広告収入に関する明細書を提出するよう求めている。ニールセンは、これらの明細書を集計して、媒体タイプごとの合計値を算出します。必要に応じて、メディアタイプごとの純広告費と市場の実際の規模をできる限り完全に把握するために、数値に重み付けや外挿を行います。

2015年上半期の純メディア支出および2014年上半期との比較は、テレビ、ラジオ、映画館、インターネット、日刊新聞、H-A-H誌、公共誌、家庭外というメディアタイプに基づいている。

ニールセン以上

Nielsen Holdings plc (NYSE: NLSN) は、消費者の視聴・購買行動に関する洞察を提供するグローバルなパフォーマンス管理企業です。ニールセンのウォッチ部門は、メディアや広告主に対して、ビデオ、オーディオ、テキストなどのコンテンツが消費されるあらゆるデバイスでの視聴・聴取に関する測定サービスを提供しています。バイ部門は、消費財メーカーや小売業者に対して、業界唯一のグローバルな小売パフォーマンス測定サービスを提供しています。両部門の情報を他のデータソースと統合することで、ニールセンは顧客に業績向上に役立つ測定・分析結果を提供しています。S&P500の一社であるニールセンは、100カ国以上で活動し、世界人口の90%以上を占めています。詳細については、www.nielsen.com。

連絡先 

ベリーパント、berry.punt@nielsen.com

####