本コンテンツへスキップ
インサイト>イノベーション

ビッグデータの活用で大きな成果

3分で読めるシリーズ|2015年6月

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART II」で、マーティ・マクフライは、ビフがスポーツ年鑑を使って歴史上の勝ち組の賭けをしたことを知りました。勝者に賭け、決して負けないというのは、タイムトラベルするデロリアンのようにフィクションに聞こえるかもしれませんが、ニールセンの2015年コンシューマー360カンファレンスで、ケンブリッジ・グループのプリンシパル、エディ・ユーンは、ビッグデータがいかに大きなビジネス成果につながる年鑑になり得るかについて、パネルを開催しました。

ステージでは、Columbus Foods社マーケティング・イノベーション・R&D担当SVPのMichael Fox氏、CBS Interactive社リサーチ・データ担当VPのAnne Chittum氏、E*TRADE Financial Corp社マーケティング担当SVPのKyle Okimoto氏が、Eddie Yoon氏の言う「5つのF」を解く賭けに、それぞれの会社がビッグデータをどう利用したかについて語りました。ニールセンについて 。

  • 先見性。需要の方向性を知る
  • 決断を早める。先にそこに着く
  • フォース投資額を増やすタイミングを知る
  • 柔軟性:市場が変化したときにピボットできる能力を持つこと
  • フォーカス消火活動を減らし、未来に目を向ける

データの規模が大きいと、圧倒され、困難に直面することがあります。Chittum氏は、CBS Interactiveが多くの組織と同様に、とてつもなく複雑なデータに直面していることを指摘した。沖本は、豊富なデータを持ちながら、不完全な状態であることに気づきました。そしてフォックスは、自分の役割として、全くデータがない状態からスタートしたことを知りました。

フォックスにとって、どこから始めるかは、選択の問題だった。「スキューバダイビングをするか、シュノーケリングをするか」と。「CPGの世界では、深いところに行くのが好きなのです。しかし、深海に行くと、そこには何もない。という質問をしました。

"結局のところ、ニールセンについて の意思決定です。"とYoon氏は言います。"ビッグデータを使って、より良く、大きな成果を得るために必要なビジネス上の意思決定は何でしょうか?"

Chittumは、「最終的には、ニールセンについて 、物事を実用化し、組織全体でアクセスできるようにデータを運用することです」と同意しています。

データから得られる知見を、さまざまな分野に応用しているという。フォックスは、データをできるだけ早く活用することを選択し、それが真に競争優位を得る唯一の方法であると述べた。競合他社が同じアイデアに取り組んでいる場合、ビッグデータを活用することで、いち早く市場に参入することができるという。沖本は、データを活用することで、顧客により良い質問をし、失敗からより多くを学ぶことができるようになると語った。チッタムは、自分のデータがもたらす予測力を信じている。

3人のパネリストは、ビッグデータを最大限に活用する方法について、同じような考えを持っていました。全てを行おうとするのではなく、データを使っていくつかの素晴らしいことを行うことを提案しています。基本的なデータで検証可能なシンプルな仮説を立て、そこからさらに深く、狭く掘り下げていく。

最も重要なことは、沖本が言ったように、"データを理解するための人脈を作ること "である。Foxも同意見で、"データにアクセスできることと、データを使うことは同じではありません。成功の鍵は、やはり人々の意識と受容性、そして専門性にあるのです」。

同じトピックを見続ける