本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

台湾の消費者は、1つの画面では十分でないと感じています。

2分で読めるシリーズ|2016年3月

世界のどの地域でも、テレビは現代の消費者の主役である。そして、台湾も例外ではありません。実際、12歳から65歳までの台湾の消費者の88%以上がテレビを見ています。これは、5つの主要なメディアチャンネル(テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、インターネット)の中で最も高い普及率です。しかし、インターネットはそれほど遅れておらず、インターネットとテレビが交わることで、マーケターが注目するスイートスポットが生まれつつあります。

台湾では過去15年間にインターネットが急速に普及し、接続デバイスが急増したため、消費者がメディアをマルチタスクで利用するようになったのは当然のことです。

他の国のメディア好きな消費者と同様に、台湾のテレビ視聴者もお気に入りの番組を見ながら、セカンド・スクリーンを利用することを好みます。実際、台湾のテレビ視聴者のほぼ4分の1(24%)がテレビを見ながらネットサーフィンをしており、昨年から6%ポイント上昇しています。また、10人に3人以上の消費者がテレビを見ながら携帯電話を操作しており、これは2014年から6ポイント増加しています。

スマートフォンやタブレットなどの接続デバイスの増加に伴い、台湾のテレビ視聴者の間では、マルチタスク行動が「ニューノーマル」になりつつあります。このトレンドにより、マーケティング担当者は、視聴者が最も関心を寄せる場所で視聴者を獲得するために、これらの拡張スクリーンに対応したメッセージング戦略を習得する必要があります。

コンテンツが成功の基本であることに変わりはありません。しかし、広告主は、今日のコネクテッドコンシューマーを真に惹きつけるために、コンテンツの効果を最大化するために、拡張スクリーンの機会を十分に活用する方法を理解する必要があります。さらに、広告とコンテンツの両方を含むクロススクリーンのデジタル投資のパフォーマンスを診断し、最高のデジタルROIを得るために調整するリアルタイムツールやソリューションを持つことは、このデジタル世界においてすべてのマーケティング担当者にとって重要なことであろう。

詳しくは、「台湾におけるエクステンドスクリーンの夜明け」のレポートをダウンロードしてください。