本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ニュースラジオの聴取率上昇を牽引するのは若いリスナーだ

2分で読めるシリーズ|2017年6月

アメリカ人は良いニュースが大好きで、ニールセンの最新のNielsen Total Audience Reportがプロファイルしたように、過去18ヶ月間、特定のプラットフォームでニュース消費が過去最高を記録しています。また、テレビ視聴はニュース消費の大きな部分を占めていますが、アメリカ人は昨年、ニールセンのポータブルピープルメーター(PPM)市場全体で115億時間以上のニュースを聞き、2015年の105億時間を上回りました。

ニュースは今年もラジオ放送のホットトピックであり続け、第1四半期にはニュース専門局の聴取率が引き続き上昇し、政治的ニュースが絶えなかった昨年の好調な結果を引き継ぎました。

最近の増加傾向をさらに把握するために、ニールセンのPPM市場全体の全ニュース/トーク(商業および非商業アウトレット)、全ニュース、スペインニューストーク局の聴取傾向を組み合わせ、過去2年間の結果を2017年第1四半期に対してトレンド化しました。これは、Nielsen Total Audience Reportで使用されている局と同じラインアップです。

飛び抜けているのは、長期的な伸びと、年齢層によってニュースラジオ局が獲得するシェアの違いです。50歳以上の成人では、ニュースラジオだけでラジオ利用全体の5分の1を占めており、これは2015年からほとんど変化していない。ミレニアル世代(18~34歳)のリスニング傾向はその反対側にある。ミレニアル世代(18~34歳)のラジオ利用におけるニュースラジオの割合はかなり少ないが、このグループにおけるシェアは過去2年間で最も急速に伸びている。実際、このデモにおけるニュースラジオの第1四半期のシェアは、2015年よりも24%高く、2016年よりも14%高かった。リスナー25-54の成長ストーリーも同様で、2017年第1四半期のシェアは2015年よりも19%高く、2016年よりも12%高かった。

この記事で使用されているデータは、多文化なオーディエンスを包括しています。ヒスパニック系消費者層は、英語とスペイン語を話す代表的な人々で構成されています。

同じトピックを見続ける