本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ホスト・リード・ポッドキャスト広告のブランド・リコール・パンチ

3分で読めるシリーズ|2020年10月

COVID-19の年である結果、2020年はメディア消費の年となり、特に春のロックダウンの時期にはその傾向が顕著でした。しかし、今年の初めに見られた大規模な消費スパイクはその後消滅しましたが、ポッドキャストのエンゲージメントは今年も過去最高を記録する勢いであり、これはすべてのマーケターが利用すべきものです。

ポッドキャストへの関与は、このメディアへの証であると同時に、このメディアが成功するために平日の通勤時間に依存しないことを証明するものでもあります。 eMarketerの2020年9月の 調査では、年末までに1億600万人以上のアメリカ人がポッドキャストを聴くことになり、これは年間16%以上の成長率に相当します。さらに、広告費もそれに追随しており、 IABは米国のポッドキャスト広告費は15%弱の伸びを示し、総額は約10億ドルに達すると 予測しています。

ポッドキャストの視聴者が最も熱心であることはよく知られており、その多くはホストを反映したものです。しかし、リスナーのホストに対する親和性は、番組のコンテンツに対する親和性と同様に、広告の観点からも重要です。なぜなら、ホストが読む広告は、ホストが読まない広告よりもブランド想起を促すからです。しかし、スポンサーが読む広告が依然として強力な想起結果をもたらすことは注目に値する。

他のメディアと異なり、ポッドキャストの測定は単純明快な取り組みではありません。コンテンツをホストし配信する関係者が無数に存在し、プラットフォームも増えているため、全体的かつ代表的なリスナーデータを収集することができないのです。マーケティング担当者がキャンペーン活動を検討する際、単に大量リーチを誇るポッドキャストではなく、特定のオーディエンスに対応するポッドキャストと連携することに焦点を当てる必要があります。重要なのは、昨年のNielsenの調査で、多くの人気 ブランドのトップオブマインドのブランド認知度は、ポッドキャストのリスナーの間で約70%であることがわかったことです。

ポッドキャストのリスナーにおけるブランドとコンテンツの指標をよりよく理解し、ベンチマークするために、ニールセンは240のブランドに対して260以上の調査を実施しました。この調査では、リスナーにポッドキャストのクリップを提示し、主要なブランド指標とコンテンツ指標について、提示しなかったリスナーとのエンゲージメントを評価することで、ブランドはポッドキャストでの広告やスポンサーの影響を測定することができます。 

マーケティング投資の観点から見ると、ブランド・エンゲージメント・データは、ホスト・リード広告がいかに優れているかを示しています。例えば、リスナーにもっと情報を得ようと思わせるニールセンについて 、ホスト・リーディング広告は非ホスト・リーディング広告を凌駕しています。また、ホスト・リーディング広告は、非ホスト・リーディング広告と比較して、リスナーの購入意思と推奨意思を平均50%増加させる。

ポッドキャスト広告が大きなブランドリフトをもたらすという事実の他に、ポッドキャストの状況は、その成長の軌跡からさらに有利なものとなっています。NielsenのPodcast Buying Powerサービスのデータによると、米国のPodcastリスナーベースは2014年以来年率20%で成長しており、2023年までに2倍になると予測されています。そしてさらに重要なのは、25~44歳の成人(重要な購買層)がその成長の大部分を牽引していることです。たとえば、25~34歳の成人の30%近くがポッドキャストを聴いています。

オーディオ分野におけるポッドキャストの利用は、ビデオ分野におけるストリーミングのように際立っており、消費者が1日にメディアに費やす時間を増やしながら、増え続ける選択肢を提供しています。ポッドキャストの分野での大きな違いは、広告との関わり方です。

同じトピックを見続ける