本コンテンツへスキップ
インサイト>オーディエンス

カンヌライオンズ・ライブ2021コンテンツにおけるラテンアメリカ人の表現力向上に向けた進捗状況の測定

2分で読めるシリーズ|2021年6月

エンターテインメントやメディアにおいて、歴史的に存在感の低かったグループの参加に関して、私たちは前進を実感しています。ニールセンの「Being Seen on Screen:Diverse Representation and Inclusion on TV」レポートによると、2019年に米国で最も視聴された上位300番組(放送、ケーブル、ストリーミングを含む)の92%で、レギュラーキャストに多様性がある程度存在していることが判明しました。しかし、これらの調査結果を深く掘り下げると、スクリーンの内外で表現をサポートするためにやるべきことがもっとあることがわかります。 

例えば、ヒスパニック系は米国人口の18.8%を占めているにもかかわらず、テレビ全体の画面占有率は5.5%にしか過ぎません。このグループの認知度は、ストリーミング・ビデオ・オンデマンド(SVOD)プラットフォームでは10.1%と倍増していますが、それでも同等に達するにはニールセンについて 半分にすぎません。その結果、全米のラテン系視聴者にとって、テレビの状況は彼らのユニークな経験や文化を反映していません。

より多様なコンテンツへの需要が高まっています。しかし、クリエイターが自分たちのストーリーを世に送り出すには、まだ障害が残っています。ブランドは、このようなコンテンツを支援することができます。 

NielsenのCannes LIONS Live 2021バーチャル体験では、NielsenのDiverse Consumer Insights & Initiatives担当SVPのStacie de Armasが、Campanario Entertainment社長兼共同設立者で「Selena: The Series」の製作総指揮を務めるJamie DavilaとNALIP(The National Association of Latino Independent Producers)のエグゼクティブディレクターBen Lopezと、スクリーンにおけるラテンおよびアフロ・ラテン系の表現と、これらのインサイトが広告主にとってこれらの消費者層へのアプローチや会話にどう役立つのかという話題で話をしました。

このセッションでは、パネリストが、正確な表現を伴うコンテンツを作成する際に直面する障害や、ブランドがどのように支援できるのか、などについて議論しました。 

  • このようなコンテンツの中にブランドが存在し、表現のギャップを解決することにどのような意味があるのでしょうか? 
  • Gracenote Inclusion Analyticsのような画面上の表現データは、なぜブランドや広告主にとって不可欠なのでしょうか? 
  • インクルーシブコンテンツは、世界や社会を変える可能性があるのでしょうか?

このセッションのオンデマンド録画は、ラテン系やその他のメディアで十分に代表されていないグループの代表性を向上させる機会について、より多くの洞察を得るためにご覧ください。 

ニールセンのCannes LIONS Live 2021バーチャル体験の他のセッションのオンデマンド録画もぜひご覧ください。

同じトピックを見続ける