本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>

2012年第1四半期、世界の広告費は3.1%増加

2分で読めるシリーズ|2012年6月

成長をリードする中東、アフリカ、中南米

ニューヨーク、2012年6月28日 - ニールセンが本日発表した四半期ごとのグローバル・アドビュー・パルスレポートによると、2011年を好調に終えた世界の広告費は、2012年初頭も増加を続け、前年同期比3.1%増となりました。2012年第1四半期の世界全体の広告費は1,280億米ドルに増加しました。

新興国における広告費は、世界全体の広告費よりも速いペースで増加しています。中東・アフリカ地域は、経済の発展・安定化に伴い広告主が注目し、23.3%増となりました。特にエジプトは、昨年の「アラブの春」以降、第1四半期に67%の広告費増加を記録しました。中南米も前年同期比9.6%の大幅な伸びを示しました。アジア太平洋地域は1.7%の伸びで、ここ数年の大幅な伸びからわずかな増加にとどまりました。

ニールセンの広告主ソリューション部門グローバルヘッドであるランドール・ビアードは、「広告主は、ラテンアメリカやアフリカなどの新興市場の可能性を認識し、新たな顧客開拓に取り組んでいます」と述べています。「これらの市場は、景気後退の中でその回復力を証明し、多くの消費者がかつてないほどの消費力を発揮しています」。

北米と欧州では、広告市場は同じレベルの増加には至りませんでした。北米の広告費は 2.1%増加しました。欧州の広告費はわずかに減少し(1.4%)、景気後退の影響を最も受けた国々が最も大きな打撃を受けまし た。例えば、ギリシャとスペインはともに大幅な減少を示しました。一方、フランス、ドイツ、スイスは前年を上回る広告費を獲得しました。欧州は、広告費が減少した唯一の地域でした。

方法論
レポートに含まれるその他の国の外部データソースは以下の通りです。

  • アルゼンチン:IBOPE
  • ブラジルIBOPE
  • クロアチアニールセン、イプソスとの提携
  • エジプトPARC(パン・アラブ・リサーチ・センター)
  • フランスYacast
  • ギリシャメディアサービス
  • 香港:admanGo
  • 日本日本デイリー通信社
  • クウェートPARC(パン・アラブ・リサーチ・センター)
  • レバノンPARC(パン・アラブ・リサーチ・センター)
  • メキシコIBOPE
  • 汎アラブメディアPARC(パン・アラブ・リサーチ・センター)
  • ポルトガルメディアモニター
  • サウジアラビアPARC(パン・アラブ・リサーチ・センター)
  • スペインアルセメディア
  • スイスニールセンとメディアフォーカスの提携
  • UAEPARC(パン・アラブ・リサーチ・センター)

ニールセンについて Nielsen
Nielsen Holdings N.V. (NYSE: NLSN) は、マーケティングおよび消費者情報、テレビおよびその他のメディア測定、オンライン情報、モバイル測定、トレードショーおよび関連資産において市場トップの地位を占めるグローバル情報・測定企業です。ニールセンは約100カ国で事業を展開し、本社を米国ニューヨークとオランダのディーメンに置いています。詳細については、www.nielsen.com。