本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

休日も日常も、リスナーに寄り添い続ける。

2分で読めるシリーズ|2013年12月

これから数日間、多くの人が"All Christmas "ステーションにチャンネルを合わせて、クリスマス気分を味わうことでしょう。ホリデーシーズンはラジオにとって喜ばしいことですが、プログラマーはリスナーをリピーターにするための日常的な戦略を忘れてはいけません。今年、私たちが様々な角度から議論した一つの解決策は、ニールセンのポータブル・ピープル・メーター(PPM)測定市場において、聴取日数がいかに視聴率に重要であるかということでした。

より多くのリスナーを獲得するためには、日常的に、視聴者をその日のうちに再び視聴するように仕向けることが重要です。これは、リサイクルとも呼ばれます。リスナーを説得するのは簡単ではありませんが、リスナーがもたらす視聴率によって、努力する価値が生まれるかもしれません。1つのデイパートにしかチューニングしないリスナーは、放送局の1週間の総視聴率のわずか11%を占めますが、3つ以上のデイパートにチューニングするリスナーは、60%近くを占めます。したがって、PPM視聴率の成功のためには、優れた視聴者リサイクラーであることが重要です。

しかし、リスナーが1週間の間に何日もチューニングし直してくれることも、視聴率には重要なことなのです。ダイアリー測定からPPMへの切り替えは、1日の視聴者数の計算方法を変えました。これは、「オケージョン」モデル(リスナーがチューニングする回数)を裏返し、代わりに、リスナーが1日に何回チューニングしたかに焦点を当てます。上位10市場のパネリストのほぼ4分の3が、平均的な月の半分以上の日に何らかの形でラジオを利用していることを考えると、この聴衆を活用する機会はたくさんあります。

この微妙なPPMをどう活用するかは、リスナーを惹きつける可能性のある曜日を把握することです。数字を深く掘り下げると、木曜日と金曜日がラジオの聴取率が最も高い日であることがわかりました。しかし、これらのピークは人口統計や各市場に特有のフォーマットによって異なります。各市場やフォーマットでどの日が最も聴取率が高いかを知ることは、番組制作者が注目すべきコンテンツをどこに配置し、どのようにすれば聴取率を最大化できるかを判断するのに役立ちます。そしてそれは、視聴率の成功につながるリスナーとの短期的・長期的な習慣を築くための鍵となり得るのです。

ですから、リスナーが年末の最後の買い物を終えて、一年を盛大に締めくくる準備をしている間に、番組制作者は、ニールセンについて 、視聴者にできるだけ多くの日数を視聴してもらうための戦術や戦略を新年に使うことを考えておく必要があります。  

同じトピックを見続ける