本コンテンツへスキップ
インサイト>マーケット&ファイナンス

世界の自動車需要。中国へのスポットライト

2分で読めるシリーズ|2014年4月

世界中で自動車の需要が高まっています。では、未来の自動車購買層は誰で、どこに住み、何が購買につながるのでしょうか。ニールセンの「自動車需要に関する世界調査」は、60カ国、30,000人以上のインターネット回答者を対象に調査を実施しました。ここでは、中国にスポットライトを当てます。

中国の女性は運転席に座っている

男性に代わって、中国の女性も自動車購入に関して対等の力を持っています。今後2年間に購入する予定があるのは、中国の女性回答者の45%であるのに対し、男性は55%で、男女比はほぼ互角となっています。

中国の回答者の5分の1(21%)にとって、今回が初めての自動車購入となりますが、すでに自動車を所有している回答者の4分の3(73%)にとっては、今回が初めての自動車購入となります。また、既に自動車を所有している人のうち、89%が新車を購入する予定であるのに対し、中古車を購入する予定である人はわずか1%にとどまりました。

中国の自動車購入者の購買意欲を捉えたいなら、彼らの心とつながること。金銭的なものを除けば、最も強い購入動機は「運転が好き」(89%)であり、次いで「ステータスへの欲求」(79%)、「実用性」(71%)となっています。

オンラインの情報源が最も役に立つ

中国の回答者の10人中6人(60%)にとって、オンライン広告プラットフォームは購入までの道のりで最も役に立ち、次いでテレビ(45%)、雑誌とモバイル(共に34%)となっています。潜在消費者へのコミュニケーションにおけるテレビ広告の効果を測定するため、最近のニールセンの調査では、多数の自動車ブランドとその広告を分析し、実際のテレビ視聴者が露出した広告をどのように記憶しているかを把握しました。中国では、30%が広告を覚えており、そのうち47%がブランドを覚えていて、全体的な広告のインパクトは14%でした。

その他の調査結果は以下の通りです。

  • インサイト 自動車を買う人はどんな人なのか、どこに住んでいるのか、どのように訴求すればいいのか。
  • 自動車代替の世界的な動向。
  • カントリースコアカードインド、ブラジル、ロシア、メキシコ、インドネシア、トルコ、米国、ドイツ。

詳細およびインサイト 、ニールセンの自動車購入意向に関する世界的な調査をダウンロードしてください。

ニールセンについて ニールセン・グローバル・サーベイ

本調査の結果は、60カ国のオンラインアクセス可能な回答者を対象としています。オンライン調査の手法は、非常に大きなスケールとグローバルなリーチを可能にする一方で、全人口ではなく、既存のインターネット・ユーザーの習慣についてのみ視点を提供するものである。インターネットがまだ普及していない発展途上国においては、回答者はその国の一般的な人口よりも若く、裕福である可能性があります。さらに、調査の回答は、実際の測定データではなく、主張された行動に基づいています。