本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ケーススタディデジタルビデオ番組視聴率とテレビ番組編成の関係

1分で読めるシリーズ|2016年8月

デジタルビデオの普及により、デスクトップ、スマートフォン、タブレット端末でテレビコンテンツを視聴するアメリカ人が増えています。このようなコンテンツの消費方法の変化に伴い、広告主や代理店は、デジタルビデオの視聴者と従来のテレビ番組との関係に注目し、両者の間に生まれた相乗効果を利用して、ブランド構築の機会を改善し、キャンペーンの効果を高めることができるかどうかを検証しています。

YouTubeは、YouTubeのエンゲージメントとテレビ番組視聴の関係、および視聴習慣に直接的な相関関係があるかどうかを探るため、ニールセンの調査を依頼しました。Nielsenの分析によると、YouTubeの視聴、YouTubeにアップロードされたテレビコンテンツ、テレビのリーチのいずれにも、実際に正の関係があることが判明しました。

その結果、18歳以上では、テレビ視聴率とYouTube視聴率の間に統計的に有意な関係があることが明らかになりました。YouTubeでテレビ番組のコンテンツを視聴するほど、リニアTVでその番組を視聴する可能性が高くなりました。また逆に、YouTubeの視聴率は、テレビ番組のリーチが増加するにつれて上昇しました。

YouTube などのプラットフォームでデジタル動画の視聴者が増え続ける中、広告主、代理店、テレビ番組制作者は、デジタル視聴とテレビ視聴のつながりを活用する機会を得ています。これは、ブランドメッセージをより多くの視聴者に伝え、同時に視聴者シェアを拡大するための貴重な手段です。

詳細については、ケーススタディの全文をダウンロードしてください。

事例紹介のメトードロジーは、こちらをご覧ください。