本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

自動車産業はオンライン広告と動画がカギを握る

1分で読めるシリーズ|2009年6月

多くの消費者にとって、新車への買い替えを控えることは、多くの潜在的な需要を生み出すことになります。購入者が再び自動車を大量に購入する準備がいつ整うかは不明ですが、Nielsen社の新しいレポートによると、現在彼らにアプローチする最良の方法の1つはオンライン広告、特にビデオであることが示唆されています。

今月発表されたレポートによると、多くの消費者は、今年の最初の4ヶ月間は、まだ見てはいるが、ただ買ってはいないことがわかりました。しかし、ニールセン・メガパネルを構成する25万人の米国成人の回答では、米国人口の12%が今後6ヶ月間に新しい車やトラックをおそらく購入する、あるいは必ず購入すると回答しています。これは、春に行われた10パーセントからわずかに増加しました。

続きはBrandweekで

同じトピックを見続ける