本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

米国におけるテレビ、インターネット、モバイルの利用は増加の一途をたどっている

2分で読めるシリーズ|2009年2月

テレビ、インターネット、モバイルデバイスの3つのスクリーンでのビデオ視聴は増え続け、記録的な水準に達しています。 Nielsenの第4四半期A2/M2 Three Screen Reportによると、平均的なアメリカ人は月に151時間以上テレビを見ており、これは過去最高の数字です。 また、他のデバイスでも数時間ビデオを視聴しています。インターネットで視聴する人は、さらに月に3時間のオンラインビデオを消費し、モバイルビデオを利用する人は、月に4時間近くを携帯電話や他のデバイスで視聴しています。

「ニールセンの副会長であるスーザン・ホワイティングは、「消費者がテレビ、インターネット、モバイルを記録的なレベルで利用し続けているため、テレビやその他のビデオコンテンツに対する米国の魅力は衰えていない。 「視聴者は、利便性、品質、アクセスなど様々な要素を考慮し、ビデオ視聴に最適なスクリーンを選択しているようです。 オンラインやモバイルのプラットフォームは、家庭用生放送のテレビを補完するものとしてますます重要性を増していますが、テレビが動画視聴の主要な手段であることに変わりはありません。

その他、報告書の中で注目すべき点は以下の通りです。

  • 10代を除いて、従来のテレビの視聴は年齢とともに増加し、インターネット上の動画の利用は若年層でピークに達し、モバイル動画の視聴は10代で最も高くなっています。
  • 男性は女性よりも携帯電話で、女性は男性よりもインターネットやテレビで動画を視聴する傾向が続いています。
  • 勤務時間(月〜金、午前9時〜午後5時)は、引き続きインターネット動画のゴールデンタイムとなります。

プレスリリースの全文はこちらをご覧ください。

var s1 = new SWFObject('/nielsenwire/videos/player.swf','player','400','300','9');

s1.addParam('allowfullscreen','false');

s1.addParam('allowscriptaccess','always');

s1.addParam('flashvars','file=/nielsenwire/videos/burbank_3screen.flv&image=/nielsenwire/videos/jb_vid.jpg');

s1.write('preview');

// -->

Continue browsing same topic insights