本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

2011年アカデミー賞CMで最も印象に残った広告にセレブリティ広告、最も視聴された広告にリステリンがランクイン

3分で読めるシリーズ|2011年3月

第83回アカデミー賞のレッドカーペットでは、セレブリティが最高のパフォーマンスを披露しましたが、CMでもその活躍が見られました。Nielsen社は、今年のショーで放映されたトップリコール広告を分析し、そのうちの4つにセレブが含まれていることを明らかにしました。

最も視聴されたコマーシャルでは、アニメーションのリステリンファイターが登場するリステリンのスポットが3771万5000人の視聴者を得てトップとなりました。最もリコールされた広告は、M&M'sのコマーシャルで、犯人がコンビニ強盗の人質としてアニメーションのM&Mを食べると脅すというものでした。

Nielsen アカデミー賞で最も視聴された広告トップ10(2011年2月27日付
放送時間(ET) ブランド説明 # 視聴者数(千人)
9時08分30秒 リステリン 37715
10時57分28秒 JCペニー 37126
10時23分40秒 ヒュンダイ 36831
10時07分25秒 JCペニー 35947
9時35分15秒 JPモルガンチェース 35653
11時08分27秒 AT&T 35063
9時50分57秒 ダイエットコーク 34474
9時51分27秒 JCペニー 34474
9時22分01秒 スプリント 33885
9時22分31秒 ヒュンダイ 33885
出典ニールセン・カンパニー

リコールされた広告のトップ10には、自動車から非営利団体まで、さまざまなカテゴリーや広告主が登場しましたが、顕著な傾向として有名人の広告が挙げられます。オジー・オズボーンとジャスティン・ビーバーが4G、5G、6Gの携帯電話を宣伝するベスト・バイの買い戻しプログラム広告は、ブランド想起の面で最も強力なセレブリティ広告でした。また、ジェニファー・ロペスがビーチで歌い、踊り、子供を追いかけるコマーシャルで、消費者はヴィーナスブランドを記憶していました。セリーヌ・ディオンが「ハッピー・バースデー」を歌うアメリカ癌協会の広告は、6番目によく想起されるスポットでした。 エイドリアン・ブロディもStella Artoisの広告で歌を披露し、ビールを飲みながらセレナーデを歌って女性たちをうっとりさせました。

アカデミー賞におけるブランド想起のためのニールセン広告トップ10、2011年2月27日
順位 ブランド 広告内容 リコールインデックス
1 M&M's(エムアンドエムズ 要求が通らなければ人質のお菓子を食べると脅す犯人(:30) 222
2 AT&T 記念日を忘れてスマホで予約する男(:30) 217
3 マクドナルド ドナルド・マクドナルド・ハウス - ハッピーミールの中に希望を見出す子どもたち (:30) 197
4 ベストバイ 買い取りプログラム - オジー・オズボーン、ジャスティン・ビーバーが新世代の携帯電話を紹介 (:30) 191
5 ヴィーナス ジェニファー・ロペス、すべての女性には内なる女神がいることを説く(:30) 180
6 アメリカ癌協会 セリーヌ・ディオンがハッピーバースデーを歌います(:30) 142
7 ステラ・アルトワ エイドリアン・ブロディ、女性に見つめられたり泣かれたりしながらビールに向かって歌う (:30) 141
8 ヒュンダイ ソナタ・ハイブリッド - 人は古いバージョンの技術を使う (:30) 135
9 AT&T 4G - スキー場のリフトから友人の携帯電話を投げる男 (:30) 130
10 リビングソーシャル・ドットコム 食事、サロン、タンゴを楽しむカップル(30分) 129
出典ニールセン・カンパニー

2011年アカデミー賞の広告実施分のみを考慮し、映画の予告編は除外しています。Recall Scoreは、テレビ視聴者が通常のテレビ視聴中に接触した広告のブランドを24時間以内に思い出すことができる割合です。これらのスコアは、番組中のすべての広告の平均スコアに対して指数化されます(リコール・インデックス)。100は平均に等しい。

例えば、M&M'sの広告の想起指数は222で、2011年のアカデミー賞の平均的なCMの2.22倍も記憶に残っていることが証明されています。

今年のスーパーボウルで初公開されたBest BuyとStellaの広告をご存知の方も多いかもしれません。 これらの広告は、スーパーボウルに登場したときよりも、アカデミー賞の観客に対してかなり良いパフォーマンスを示しました。 現代社会で古い技術を使う人々を描いた現代ソナタのCMもスーパーボウルで初公開されましたが、アカデミー賞で最も効果的なスポットの第8位にランクインしました。

LivingSocial.comは、アカデミー賞期間中に新しい広告を初公開したブランドで、トップ10に入った唯一のブランドである。 このスポットは、カップルが食事をしたり、サロンでカットをしたり、タンゴのレッスンを受けたりする様子を描いています。

全体として、今年のアカデミー賞のブランド想起は、昨年に比べて9%上昇しました。

同じトピックを見続ける