Skip to content
News Center >

ニールセン、スマートフォンによる「コミュニケーション」カテゴリの最新利用動向を発表

1 minute read | March 2015

図表入りのプレスリリースはこちら

● スマートフォン利用者の95%が「コミュニケーション」サービスを利用 ● 「Eメールサービス」の利用率は2014年2月と比較して微減 ● 「LINE」や「SPモード」は50代以上の利用者数が最も増加

視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)をもとに、ニールセンが独自に分類する「コミュニケーション」カテゴリーの最新の利用動向を発表しました。

それによると、2015年2月のスマートフォンからの「コミュニケーション」カテゴリー全体での利用者数は、4,465万人となっていました。これはスマートフォン利用者の95%となります。

「コミュニケーション」カテゴリーの利用率を1年前の2014年2月と比較をしてみると、コミュニケーション全体では95%と高い水準を維持しており、サブカテゴリーである「その他コミュニケーション」(「LINE」などを含む)は横ばい、「Eメールサービス」(Gmailなどを含む)は3ポイントダウン、「インスタントメッセンジャー」(Facebook Messengerなどを含む)は17ポイントアップとなり約2倍の35%まで増加していました 。

次に各サブカテゴリーの利用者数上位のアプリに焦点をあて、各アプリの2015年2月の利用者数とその構成比率を昨年同月と比較したのが図表3です。スマートフォンの利用者増加に伴い、全てのアプリが利用者数を伸ばしており、年代別で見てもほぼ全ての年代で利用者数が増加していました。特にFacebook Messengerは約3倍の883万人と利用者数を大きく伸ばしました。

年代構成比を見ると、全体的に大きな変化は無いものの「LINE」や「SPモード」は50歳以上の利用者増加に伴い29歳以下の割合が減少し、50歳以上の年代構成比が高くなっていました。

弊社シニアアナリストの今田智仁は、「『コミュニケーション』サービスの利用率は2013年から常に95%程度と高い割合となっています。ただ、1年前と比べ『Eメールサービス』は緩やかですが利用率が下がり、『インスタントメッセンジャー』は利用者を急激に伸ばすなど変化も見られました。また、個別アプリをみると、ツールの多様化や50歳以上のスマートフォン利用者が増加したことで、若者間だけではなく、若者以外の世代間でも使われるなど、アプリの使われ方が変わっているのかもしれません。逆に『Gmail』など構成比で変化がないアプリは使われ方が変わっていない可能性もあります。企業は、スマートフォンの拡大と共に変化していく消費者とのコミュニケーションの方法について、誰がどのようなデバイスからサービスを利用しているのか、どのようなサービスが利用されているかなど消費者の動向を把握しておく必要があります。そして、使われ方が変化してきたり、新しい手段が流行してきたりした時に、いち早く対応できるように、サービスごとにコミュニケーションするべき内容や、消費者に購買を促すのか、ブランドを知ってもらいたいのかなど、どのような行動をとってもらいたいのかを常に考えておくべきでしょう。」と述べています。

Nielsen Mobile NetViewについてNielsen Mobile NetViewは日本全国の4000名(iOS、Android各2000名)の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報を元に作成されます。従来のアンケート調査とは異なり、実際のユーザーのアクセス記録に基づくデータであり、アプリやウェブサイトの利用時間や利用頻度などの正確な利用動向データの提供が可能です。また、利用者属性情報を含むパネル調査であるため、属性別の利用状況を把握できます。

データは、ウェブサイトの訪問、アプリの利用もしくはスマートフォン全体での利用状況を参照することができ、また、利用者属性、OS、電話会社、デバイスなどのフィルターを使用してデータを抽出することもできます。

サービスの詳細は、下記ウェブサイトでもご覧いただけます。https://www.netratings.co.jp/solution/nielsen_mobile_netview.html

###

【ニールセン株式会社 会社概要】 会社名: ニールセン株式会社  英文社名: Nielsen Co., Ltd.本社所在地 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-25-18 渋谷ガーデンフロント資本金: 1億円設立:1999年5月代表者: 代表取締役会長兼CEO 福徳 俊弘             代表取締役社長兼COO  宮本 淳主要株主: ニールセン、 トランスコスモス株式会社 など

ニールセン株式会社はニールセン、トランスコスモス株式会社などの出資による合弁会社です。ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析と広告分析のソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、及び分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、Eコマース企業、広告会社より高い評価をいただいております。ニールセン株式会社のサービス概要、及び会社概要は、https://www.netratings.co.jp/ でご覧いただけます。

ニールセンの消費者購買行動分析部門は、ニールセン・カンパニー合同会社です。消費者調査、ショッパー調査、メディカルリサーチ、販売予測、マーケティングROI分析、コンシューマーニューロサイエンス分析、海外市場情報提供などを行っています。詳細は、ホームページ(https://preprod.nielsen.com/jp/ja.html) でご覧いただけます。

ニールセン株式会社が提供しているソリューションと主な製品サービス

視聴者分析ソリューションインターネット視聴率データ Nielsen NetViewスマートフォン視聴率データ Nielsen Mobile NetViewスマートフォン利用状況分析レポート Nielsen Smartphone Analytics検索サービス利用データ Nielsen MegaView Search など

広告分析ソリューション広告効果分析サービス Nielsen Online Brand Effectオンライン広告リーチ測定 リーチ&フリケンシー など

お問い合わせ中川奈津子、コミュニケーションズ Tel:      +81 3 6837 6549Email:  JPNwebmaster@nielsen.com