本コンテンツへスキップ
インサイト>マーケット&ファイナンス

オーストラリアでは、Facebookがリードし、Twitterが成長することで、オンラインでのソーシャル性が高まっています。

3分で読めるシリーズ|2010年3月

Facebookがリードし、Twitterのアクティビティが増加していることから、オーストラリア人はソーシャルメディアへの参加、コンテンツの共有、ブランドとの交流が急速に増加しています。オーストラリアの900万人のソーシャルメディアユーザーのうち、ほぼ5人に4人(78%)が過去1年間に写真を送信または共有し、ほぼ4分の3(74%)がリンクを送信または共有しました。ソーシャルメディアの利用が最も増えたのは、Twitterの閲覧や投稿、Wikiの閲覧、ソーシャルメディアを通じてのブランドや組織との関わりでした。

オーストラリアで最も急成長しているソーシャルメディア活動
活動内容 2009 2008 前年同期比
Twitterでメッセージを読む 23% 7% 16%
ソーシャルネットワークを通じてブランドと交流した 38% 23% 15%
ウィキを読む 72% 61% 11%
ツイッターに投稿 13% 4% 9%
Twitterで閲覧/フォローしたブランド 14% 5% 9%
ソーシャルネットワークで人と交流した 63% 55% 8%
製品・サービスのオンラインビデオを視聴した 63% 57% 6%
SNSのプロフィールを更新 57% 51% 6%
SNSのプロフィールを見た 73% 67% 6%
ネットに写真を掲載 68% 63% 5%
出典ニールセン・カンパニー

ツイッターの利用者数は2009年に400%以上増加し、オーストラリアのオンラインユーザーの約4分の1(23%)が過去1年間に「ツイート」を読み、14%がツイッターで企業や組織を「フォロー」し(2008年の5%から上昇)、13%が「ツイート」を投稿しました(2008年の4%から上昇)。ウィキは、オンラインコンテンツの人気形態として成長を続けています。オーストラリアのインターネットユーザーの4分の3近く(73%)は、過去1年間にウィキを読みました(2008年は61%、2007年はわずか37%)が、これからはウィキがオンラインコンテンツの人気形態となるでしょう。オーストラリアのインターネットユーザーのほぼ5人に2人が、ソーシャルネットワーキングサイトを通じて企業と交流しており、オーストラリア人はブランドや企業とオンラインで交流することに前向きであるという認識が強まっています。

「ニールセンのオンラインビジネス担当リサーチディレクター、メラニー・イングレイは次のように述べています。「ブランドや企業がソーシャルメディア現象を利用する機会は本当に始まったばかりで、今日まで氷山の一角を見たにすぎません。ニールセンについて 「また、ソーシャルメディアが消費者の意思決定においてますます重要な役割を果たすようになり、オーストラリア人のオンライン口コミコミュニケーションへの関与は今後数年間で増加すると思われます。

オーストラリア・ソーシャルメディア

Facebook などのソーシャルネットワーキングサイトは、オーストラリア人がソーシャルメディアを試用し、利用する際の重要な原動力となりました。オーストラリア人の4人に3人近く(73%)がソーシャルネットワーク上の他人のプロフィールを見たことがあり、そのうちの3分の1以上(37%)が日常的にソーシャルネットワークサイトを介して他人と交流していると報告しています。オーストラリアのインターネットユーザーの4分の3(75%)がFacebookを訪れたことがあると回答し、59%がFacebookのプロフィールを持ち、1ヶ月のFacebookでの平均利用時間は8時間19分で、最も近いライバルサイトであるYouTubeよりも7時間30分多く、Facebookがオンラインのソーシャルネットワークの空間を支配しています。さらに、ソーシャルネットワーカーの83%がFacebookをメインのソーシャルネットワーキングプラットフォームとして選択しており、2008年の72%、2007年の34%から増加しています。また、最近発表されたソーシャルネットワーキング利用に関する世界的な見解によると、ニールセンのデータでは、一人当たりのソーシャルネットワークの利用時間に関して、オーストラリアが米国をも上回っていることが示されています。

外出先でのネットワーキング

スマートフォンの所有率が上昇し(現在、オーストラリアのオンラインユーザーの43%がスマートフォンを所有)、携帯電話プランのダウンロード上限が緩和されたことにより、昨年はモバイルソーシャルネットワーキングが人気を博しました。ニールセンの調査によると、ソーシャルネットワーカーの4分の1以上(26%)が過去1年間にモバイル・ソーシャルネットワーキングに参加し、モバイル・ソーシャルネットワーカーの66%が35歳以下と、若い消費者が最もモバイル経由のソーシャルネットワーキングに参加しやすいことがわかりました。モバイルでアクセスするソーシャルネットワーキングサイトは、Facebookが最も人気があり(モバイル・ソーシャルネットワーカーの92%がFacebookにアクセスしたことがある)、次いでYouTubeとTwitter(18%)、MySpace(9%)となっています。しかし、モバイルでの利用頻度が最も高いのはTwitterで、モバイルユーザーの半数が毎日サイトを訪れています。一方、Facebookは、モバイルユーザーの36%が毎日サイトを訪問しており、MySpaceユーザーの22%、YouTubeユーザーの16%が毎日訪問しています。