本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ワールドカップ再訪 2006年の全米視聴者数は1億2千万人

1分で読めるシリーズ|2010年6月

2010年ワールドカップのキックオフまで1週間を切りましたが、ニールセンは前回のワールドカップのアメリカでの視聴傾向を振り返って分析しました。2006年

  • 1億2千万人以上の米国の視聴者が、ワールドカップ中継を少なくとも1分間は視聴した。
  • 平均視聴者数は、男性65%、女性35%でした。
  • イタリアとフランスが対戦した決勝戦のライブ中継は、スペイン語と英語 のネットワークを合わせて、推定1,700万人の視聴者が観戦しました。
  • 米国チームが最も視聴された試合は、予選ラウンドの対イタリア戦でした。この試合は、980万人の米国人視聴者が観戦しました。
  • 2006年大会は、Nielsenの全米サンプルにUnivisionが含まれる初めての大会でした。大会期間中、同ネットワークが放送した56回の平均視聴者数は230万人で、英語放送では480万人、ケーブルテレビでは160万人となりました。
  • 英語放送ではサンディエゴが、スペイン語放送ではマイアミ-フォートローダーデールが、それぞれトップとなった。ロサンゼルスは両部門で2位となった。

1994年まで遡ってワールドカップの放送を調べたところ、ニールセンは、米国のテレビ視聴率を左右する一つの重要な要因、すなわち時間帯があることを発見しました。

ニールセン・カンパニーのスポーツ担当副社長スティーブン・マスター氏は、「2002年の大会は日本と韓国が主催したため、ほとんどの試合が早朝か深夜に放映され、米国のテレビ視聴率は低迷した」と述べています。「今年のヨハネスブルグ大会は、1998年と2006年の大会と同じ時間帯に開催される予定です。そのいずれの年も、米国のテレビ視聴率は全体的にかなり強かった。"

ダウンロード ニールセンのワールドカップ米国TV視聴率ファクトシート1994年までさかのぼることができます。

 

同じトピックを見続ける