本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

2011年5月 米国トップウェブブランド

2分で読めるシリーズ|2011年6月

2011年5月、Googleは家庭や職場のコンピューターから1億5500万人のユニークビジターを獲得し、米国で最も訪問されたウェブサイトとなりました。米国のウェブユーザーが最も訪問したサイトは、前月とほぼ同じでしたが、AppleはWikipediaと順位を入れ替え、8番目に訪問されたサイトになりました。

5月はウェブ活動全体がわずかに増加し、トップ10サイトの中ではアップルが月間訪問者数を最も多く伸ばし、5.7%以上もユニック数を増やしました。Facebookも米国内のユニークビジター数を前月比で4.7%増加させましたが、5月の平均滞在時間はわずかに減少(-0.8%)しています。

2011年5月 ウェブブランドランキングトップ10(米国、家庭・仕事編)
順位 ブランド ユニーク視聴者数(千人) 一人当たりの時間(hh:mm:ss) MOM UA比 MOM 時間変化率 PP
1 グーグル 155,007 1:20:25 3.1% 0.9%
2 フェイスブック 140,336 6:20:55 4.7% -0.8%
3 をヤフオク! 133,966 2:08:26 4.4% 4.2%
4 MSN/WindowsLive/Bing 117,853 1:20:34 2.0% -5.6%
5 ユーチューブ 109,003 1:23:31 2.5% 4.6%
6 マイクロソフト 85,379 0:40:10 3.6% 6.2%
7 AOLメディアネットワーク 74,139 2:34:04 2.8% 0.4%
8 アップル 63,036 1:07:31 5.7% -4.8%
9 ウィキペディア 62,203 0:15:49 2.8% 4.6%
10 Askサーチネットワーク 59,894 0:10:29 4.0% 5.0%
出典The Nielsen Company と読みます。2011年5月、自宅や職場からPC/ノートパソコンを使ってGoogleを訪れた米国のユニークユーザーは1億5,500万人に上りました。

2011年5月、2億人以上のアメリカ人がPCを利用し、インターネット利用は全体として4月から2.8%増加しました。また、前月と比較して、より多くのユニークなサイトを訪問し(2.5%)、平均してより長い時間インターネットを利用しました(0.8%)。インターネットへのアクセスは引き続き増加しており、2011年5月には米国で2億4600万人が家庭/職場のコンピュータからインターネットにアクセスしたと推定されます。

2011年5月の米国における平均インターネット利用状況(自宅・職場)
指標 当月 前月 MOM % 増減
お一人様あたりのセッション数/訪問回数 57 56 1.7%
一人当たりの訪問ドメイン数 82 80 2.5%
一人当たりのWebページビュー 2,556 2,573 -0.7%
一人当たりのPC使用時間 56:48:03 56:20:54 0.8%
Webページの閲覧時間 00:00:58 0:00:57 2.5%
アクティブ・デジタル・メディア・ユニバース 200,357,619 194,807,520 2.85%
現在のデジタルメディア・ユニバースの推計 246,366,000 244,267,000 0.9%
出典The Nielsen Company と読みます。2011年5月、2億人の米国消費者が自宅や職場のコンピュータからインターネットを利用しました。

同じトピックを見続ける