本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ウェビナー3つのRで広告のパフォーマンスを向上させる

1分で読めるシリーズ|2013年3月

広告パフォーマンスの最適化とは、ニールセンについて 適切なオーディエンスにリーチし、その意見に影響を与え、行動に影響を与えることです。この組み合わせの実現は困難ですが、「3Rフレームワーク」を用いることで、ReachとResonanceがどのようにReactionにつながるかを理解し、実現することが可能になりました。

本セミナーでは、広告パフォーマンスを向上させるための3Rに焦点を当てたプレゼンテーションを開催します。この強力な3Rフレームワークを使って、広告の成果を分析し、理解する方法を学びましょう。何がうまくいっているのか?何がダメなのか?迷わないメッセージの作り方は?リーチ、レゾナンス、リアクションの3つの要素から、最も反応の良い購買層を明らかにし、ブランドメッセージをより効果的に発信できるようになります。また、より明確で、より多くのオーディエンスとのつながりを持ち、ROIを向上させた実際のケーススタディも紹介します。このプレゼンテーションでは、以下のような質問に対応するフレームワークの主要な面を紹介します。

  • 現在のメディア環境の変化やトレンドの中で、最も好都合なものはどれか?
  • 生放送のテレビ広告をどのように改善すれば、より総合的な価値を提供できるのか。
  • 最適化のポイントはどのように発見されるのでしょうか?
  • オンラインとライブのテレビ広告の効果には、どのような測定可能な違いがあるのでしょうか?
  • 機内での最適化を「リアルタイム」に実現する方法とは?
    3Rをテーマにしたアンコール講演にご参加いただき、広告のパフォーマンスをアップさせましょう。

同じトピックを見続ける