本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>

ニールセンとインテージ、クロスプラットフォーム広告の効果をより明確にするためのジョイントベンチャーを設立

3分で読めるシリーズ|2015年1月号
{“order”:3,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

シンガポール - 2015年1月21日グローバルな情報・インサイト企業であるニールセンと、日本の大手マーケティングリサーチ会社であるインテージは、本日、新しいクロスプラットフォーム広告効果ソリューションの開発に向けて、合弁会社「ニールセン-インテージ デジタルメトリクス株式会社」を設立したことを発表します。

今回の契約により、ニールセンとインテージは、それぞれのデータ資本とノウハウを結集し、日本におけるクロスプラットフォーム分野の広告キャンペーンの効果をインサイト 、クライアントが広告宣伝活動を微調整し最適化するためのソリューションを開発することが可能になります。

ニールセン・インテージのデジタルメトリクスは、米国をはじめとする国際市場で既に確立されているニールセンの広告効果測定ソリューション「オンラインキャンペーンレーティング(OCR)」と、インテージの消費者パネルデータ「i-ssp」を活用します。このサービスにより、日本のクライアント企業は、オンライン広告が購買行動やブランドスイッチングに与える影響の分析に加え、ブランド所有、購買意図、ライフスタイル、居住地域、年齢、性別などの複数のセグメント別に消費者を分析することが初めて可能になります。

「ニールセン・ジャパンのマネージングディレクターである福徳俊博は、「ニールセンとインテージのコラボレーションは、クロスプラットフォームのメディア消費と購買行動に関する消費者インサイトの未来にとってエキサイティングな一歩となるでしょう。「ニールセンとインテージは、消費者行動とオンライン広告の効果について、クライアントが最大限の理解を得られるよう、定評のある日本の市場調査会社であるインテージと協力できることを嬉しく思います"

ニールセン・インテージ・デジタルメトリクス株式会社の概要

法的名称株式会社ニールセン-INTAGE DigitalMetrics発売日:2015年4月1日(予定)

ボードメンバー

  • CEO 一ノ瀬 博之
  • COO:山田 耕筰
  • ディレクターイ・サンギル
  • ディレクター福徳俊宏

ニールセンについて ニールセン

Nielsen N.V. (NYSE: NLSN) は、マーケティングおよび消費者情報、テレビおよびその他のメディア測定、オンライン情報、モバイル測定において市場をリードする情報・測定企業です。ニールセンは約100カ国で事業を展開しており、本社は米国ニューヨークとオランダのディーメンにあります。詳細については、www.nielsen.com。

将来予測に関する記述の免責事項

本ニュースリリースには、1995年米国私募証券訴訟改革法のセーフハーバー規定に基づく将来予想に関する記述に該当する可能性がある情報が含まれています。これらの記述は、「予定」、「期待」、「はず」、「可能性」、「しなければならない」等の表現で特定される場合があります。これらの記述はリスクや不確実性を内包するものであり、実際の結果や事象は現時点での予測とは大きく異なる可能性があります。これらの要因には、一般的な経済状況、ニールセンが関与する市場の状況、顧客、サプライヤー、競合他社の動向、技術開発、ならびにニールセンの事業に影響を与える法律および規制規則、および当社が発行する他のリリースや公的書類(証券取引委員会への当社の提出書類を含む)に記載されている特定のリスク要因が無制限に含まれる可能性があります。この要因のリストは、すべてを網羅することを意図したものではありません。このような将来の見通しに関する記述は、本プレスリリースの日付時点のものであり、当社は、新しい情報、将来の出来事、その他の要因によって、当社または当社の代理人が行った書面または口頭による将来の見通しに関する記述を更新する義務を負いません。

連絡先

Deanie Sultana+65 66726819deanie.sultana@nielsen.com