本コンテンツへスキップ
インサイト>オーディエンス

ブラックミレニアル世代をめぐる神話を解く。パート1

1分で読めるシリーズ|2016年12月

黒人のミレニアル世代は、若く、人脈があり、大きな消費力を持っています(2015年には約1620億ドル)。教育、起業、文化、影響力に至るまで、アフリカ系アメリカ人の若者は大きな成果を上げています。このため、ブランドにとって、彼らを理解し、結びつけなければならない消費者層がますます増えています。ヤング、コネクテッド、ブラック。アフリカ系アメリカ人の消費者に焦点を当てたニールセンのDiverse Intelligence Seriesの第6弾レポート「Young, Connected and Black:African-American Millennials Are Driving Social Change and Leading Digital Advancement」では、人口増加、教育、黒人コミュニティ内の多様性、所得向上、メディアの消費といった切り口からこの成長を明らかにしています。

ニールセンの年次アフリカ系アメリカ人消費者レポート発表に続き、ニールセンは、テックやメディアで活躍するブラックミレニアルズに焦点を当てた急成長中のデジタルメディアの1つであるBlavityとコラボレーションし、いくつかの洞察を共有することに成功しました。2部構成のビデオの第1部では、Blavityの共同設立者でコーポレートブランド担当のジョナサン・ジャクソンとニールセンのグローバルコミュニケーション・多文化マーケティング担当上級副社長のドリュー・マカスキルが、ブラックミレニアルズの規模と範囲、この層を取り巻くいくつかの俗説について話し合いました。  

同じトピックを見続ける