本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ケーススタディ進化する映像

1分で読めるシリーズ|2017年10月

多くのアメリカ人が無数のスクリーンでビデオを視聴するようになり、テレビとデジタルの境界線があいまいになりつつあります。この変化は、消費者のメディア消費習慣を変えただけでなく、コンテンツを通じて視聴者とつながろうとするメディアバイヤーやセラーに新たな機会をもたらしている。

GoogleはNielsenに調査を依頼し、人々が何を見、どのように関わり、テレビ時代の黎明期から今日のモダンなメディア環境にどのように変化したかを探りました。Googleは、Nielsenの過去のデータを用いて、家庭や外出先でビデオを消費する主要な家庭用および個人用デバイスと手段の傾向を追跡しました。この作品は、ビデオが数十年の間にどのように進化してきたかを描き出し、今日の消費者にとって何が最も重要であるかを探っています。

事例をダウンロードする

同じトピックを見続ける