本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

米国で加速するF1ファンダム

2分で読めるシリーズ|2018年10月

5大陸21カ国で開催されるF1レースは、5億人以上のファンを持つ世界的に人気のあるモータースポーツです。

ヨーロッパと南米で最も人気のあるF1だが、北米でも人気が出てきている。現在、10月のアメリカGPとメキシコGP、6月のカナダGPの3回、北米で開催されている。   

2012年にF1カレンダーに復帰したアメリカGPは、テキサス州オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催される。その他の開催地はインディアナ州インディアナポリス(2000~2007年)、アリゾナ州フェニックス(1989~1991年)、ニューヨーク州ワトキンス・グレン(1961~1980年)、カリフォルニア州リバーサイド(1960年)、フロリダ州セブリング(1959年)であった。

F1レースが米国に戻ってきて以来、世界的に人気のあるモータースポーツに対する米国人の関心は高まっている。Nielsen SportsDNA(ニールセン・スポーツDNA)』によると、サーキット・オブ・ジ・アメリカズでアメリカGPが初めて開催される数カ月前、アメリカ人のF1に対する関心は17%だった。ファン追跡調査では今年になって上昇し、2018年5月の時点で21%が「非常に興味がある」または「やや興味がある」と回答している。興味のピークは2016年で、アメリカ資本のハースF1が2台体制で参戦を始めてから数カ月後のことだった。

米国のF1ファンの大半は25歳から44歳の男性で、世帯年収が75,000ドル以上であることが一般人口よりも多くなっています。

アメリカGPの開催地である地元オースチンが、米国内で最もF1ファンが集中していることは、当然のことであるとの調査結果が出ています。 ニールセン・スカーボロという調査結果があります。INDYCAR本部のあるインディアナポリスも、人口のうちF1に興味を持つ人の割合でトップ5に入る市場である。

2015年以降、F1に参戦しているアメリカ人ドライバーはいない。によると、以下の通りです。 グレースノートスポーツ, 2015年シーズンをリザーブドライバーとしてスタートしたアレクサンダー・ロッシが、アメリカGPに参加した最後のアメリカ人ドライバーとなった。1990年以降に参加したアメリカ人ドライバーは、他にスコット・スピードだけです。

オースティンで開催されたアメリカGPは、イギリスのルイス・ハミルトンが6戦中5勝、セバスチャン・ベッテル(ドイツ)が残り1勝を挙げている。

F1ピレリ・米国グランプリは、10月19日から21日までオースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催されます。