本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>

情報を追い求め、消費行動も変化している

2分で読めるシリーズ|2020年3月

KEY POINTS

  • ニュースデジタルサイトやアプリの利用時間が29%増加
  • ニュースサイトの平日エンゲージメントが約2倍に
  • デスクトップ利用の伸びがスマートフォンの伸びを上回った
  • 若年層(18-29歳)が最も大きな変化を経験した

25 MARCH, SYDNEY- 人々が情報を求め、定期的な更新のためにニュースウェブサイトに戻るように、ここ数週間、ニュースの消費は当然ながら変化しています。ニュースのデジタルサイトやアプリに費やされた全体の時間は、2月の同時期と比較して、3月から現在までで29%増加しています。

オーストラリアのIAB公認デジタル測定システム、ニールセン・デジタル・コンテンツ・レーティングスのデータによると、先週(3月16日~20日)の平日のエンゲージメントでは、ニュースサイトの利用時間が大幅に増加し、前4週と比較してほぼ2倍になりました。デスクトップの利用時間は58%増、スマホの利用時間は48%増と、久しぶりにデスクトップの利用時間の伸びがスマホの伸びを上回りました。在宅勤務者の増加に伴い、今後もデスクトップ利用が増加することが予想されます。

すべての年齢層で利用時間が大幅に増加しましたが、若年層(18-29歳)では、先週の平日のニュースサイト利用時間がほぼ倍増し(前4週比93%増)、30-39歳の利用時間が最も大きく増加しました。従来からデジタルニュースのヘビーユーザーである高齢のオーストラリア人は、それでも28%の時間増となりました。

ニールセンは、今後もオーストラリアのメディア業界をサポートするため、新しいデータが入手でき次第、この記事を更新していく予定です。

ニールセンについて

Nielsen Holdings plc (NYSE: NLSN) は、世界中の消費者と市場に関する最も完全で信頼できる情報を提供するグローバルな測定・データ分析企業です。ニールセンは2つの事業部門に分かれています。メディア市場の真実を伝えるNielsen Global Mediaは、メディアおよび広告業界に公平で信頼性の高い測定基準を提供し、市場が機能するために必要な業界に関する共通の理解を生み出しています。Nielsen Global Connectは、消費財メーカーや小売業者に対し、正確で実用的な情報や洞察を提供し、企業が革新と成長を遂げるために必要な、複雑で変化する市場の全体像を明らかにします。 ニールセン独自のデータと他のデータソースを組み合わせたアプローチにより、世界中のクライアントが、今何が起きているのか、次に何が起きるのか、そしてその知識を基にどのように行動するのがベストなのかを理解できるよう支援します。 S&P 500 企業であるニールセンは、100 カ国以上で事業を展開し、世界人口の 90% 以上をカバーしています。詳細については、www.nielsen.com をご覧ください。

お問い合わせ

ニールセン

ジャッキー・ヘリカー

jackie.helliker@nielsen.com

+61 412 405 761