本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

スーパーボウルのソーシャルテレビの実情

0分で読めるシリーズ|ニールセン ソーシャル部門 オーストラリア代表 スコット・ギルハム|2016年2月号
{“order”:3,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”pagePath”:”/content/corporate/au/en/insights”,”title”:”Insights”,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}

ペイトン・マニング率いるブロンコスがパンサーズを24対10で破ったスーパーボウルの試合は、6万4千以上のツイートを生み出し、23万9千人のユニークオーディエンスによって330万回以上視聴されました。このイベントは、今年最もソーシャルなスポーツイベントとなりました。最も多くツイートされたのは、ペプシ・ハーフタイム・ショーの午後12時43分(オーストラリア東部標準時)でした。

同じトピックを見続ける