本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ハリケーン「マリア」の影響でニュースラジオの聴取率が急上昇

2分で読めるシリーズ|2018年5月

ハリケーン・マリアにより、プエルトリコのニュースラジオの聴取率が10万人以上増加しました。

自然災害の時、人々はどのようにニュースを入手するのでしょうか。世界中のラジオ放送局は、特に困難な状況や自然災害の際に、地域社会で何が起こっているのかを常に把握している。ラジオは災害時に遠隔地に到達するユニークな能力を持っており、コミュニケーションと情報を提供するという点では、ラジオは危機的状況にある最も弱い人々へのライフラインであり続けているのです。

2017年の秋は、大西洋のハリケーンシーズンが記録的に活発で、複数の嵐によって甚大な被害を受けたプエルトリコなどでは、今日も復旧・復興作業が続いています。

ニールセンのラジオ日記市場であるプエルトリコでは、発表されたばかりの2018年冬の調査で、昨年の波乱の天候の影響でニュース形式のラジオ局への聴取が増加したことが明らかになりました。

2017年9月20日にハリケーン・マリアが上陸し、測定業務が停止したため、ニールセンの2017年秋季調査は実施されませんでした。しかし、インフラの復旧が進むにつれて、ニールセンは同島での調査を再開することができました。

Nielsenが測定しているプエルトリコのニュース形式ラジオ局(うち16局はNews/Talk形式、5局はSpanish News/Talk形式)をまとめた下表のとおり、冬の調査では、プエルトリコ全体のチューンインが前回調査期間と比較して大きく急増しました。

これは、テキサスとフロリダで観察されたパターンと同じで、ハリケーンの季節にニュースや情報を求めてラジオにチャンネルを合わせたのである。9月のポータブルピープルメーター(PPM)調査中、ハリケーン・ハービーがテキサス州に上陸し(8月25日)、そのわずか2週間後、ハリケーン・イルマがフロリダ州に上陸しました(9月10日)。この2つの嵐は、9つの異なる主要な市場に影響を与えました。それぞれがユニークであったが、これらの嵐が到来した週に地元のニュースラジオ局へのチューンインが劇的に増加したという共通点がある。避難、洪水、停電にかかわらず、地元のニュースラジオ局の聴取率は、これらのハリケーンが街に押し寄せた特定の週に急上昇しました。

この記事で使用されているデータは、多文化なオーディエンスを包括しています。ヒスパニック系消費者層は、英語とスペイン語を話す代表的な人々で構成されています。

同じトピックを見続ける