本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

良いコンテンツは良いコンテンツテレビ視聴習慣の変化の原動力は「選択」である

1分で読めるシリーズ|2019年4月

テレビは素晴らしい言葉であり、かつては簡単に定義できたものです。しかし、今日の消費者は、あらゆる種類の映像コンテンツを指すときに「テレビ」という言葉を使い分け、その過程でテレビとは何かという定義を事実上変えてしまったのです。コンテンツへの膨大なアクセスと最新技術により、消費者のテレビの見方は大きく変わりつつあります。最新の Nielsen Total Audience Report によると、米国の家庭の 3 分の 2 以上が定額制ビデオオンデマンド(SVOD)サービスを利用できるようになり、人々はコンテンツの選択肢と「チャンネル」のオプションを増やすことができました。

しかし、テクノロジーは私たちに新しいプラットフォームを与えただけではありません。その結果、TV 世帯を分類する方法が事実上変化しています。米国の家庭の 4 分の 3 が従来のケーブルまたは衛星放送のプロバイダーを利用してコンテンツにアクセスしている一方で、消費者はテレビにコンテンツを届けるために OTA(オーバー・ザ・エアー)、インターネット専用プロバイダー、バーチャルケーブルプロバイダーを利用するようになってきています。

最新のNielsen Total Audienceレポートを発表した後、Nielsen社のAudience Insights担当SVPであるPeter Katsingris氏が、テレビの定義が年々変化していること、ストリーミングサービスに対するファンファーレ、消費者のオンデマンドライフの影響について述べています。

同じトピックを見続ける