本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ニールセン・オーディオ・ポッドキャスト優れたラジオ広告を支える(神経)科学

1分で読めるシリーズ|2019年8月

第5話

放送局は、どうすればラジオ広告をより印象深く、消費者にインパクトを与えることができるのか?脳科学がその方法です。 

オーディオにはリスナーとの特別な親密性があり、脳の特定の報酬中枢を刺激するため、これまで主にビジュアル(TV)広告を対象としてきた神経科学で研究できる領域です。ラジオが大手広告主のメディア・ミックスの中心となっている現在、効果的な広告の作り方について、長年テレビで行われてきたのと同じ精査が、オーディオやラジオにも適用されつつあるのです。今回は、ニールセンのニューロサイエンス部門からブラッドリー・バインズ博士を迎え、優れたラジオCMを作るためのベストプラクティス、ソニックブランディングの重要性、クリエイティブツールボックスにおける音楽の役割についてお話いただきます。

他のエピソードをお探しですか?iTunes、Google Play、StitcherでThe Nielsen Audio Podcastを購読して、メガホンページで過去のエピソードをご覧ください。

同じトピックを見続ける