本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

データベース新しいワークライフ・メディアバランス

1分で読めるシリーズ|2020年9月

 

新型コロナウイルス(COVID-19)の大流行による影響は、日常生活のあらゆる面に及んでいます。しかし、世界中の消費者が必要とした無数の調整の中で、正式な封鎖期間中と都市が再開された後の大半の時間を自宅で過ごすことほど重要なものはないだろう。 

多くのアメリカ人にとって、自宅が新しいオフィスとなりつつある現在、接続性とテクノロジーは最も重要な要素となっています。医療や買い物、メディアとの関わり方、さらには人間同士の交流に至るまで、さまざまな行動が変化しています。

今回のデータベース特別編では、COVID-19に照らして、多くのアメリカ人が直面している新しい現実、つまり、起きている時間の多くを家で過ごし、その中で仕事もしている時間についても掘り下げていきます。今回のゲストは、SVP Audience InsightsのPeter Katsingris氏、Senior Research ExecutiveのChris Quick氏、Nielsen Advanced Video Advertising部門のプラットフォームオペレーション担当VPのRoxanne Geyer氏、Adressable TVクライアントソリューション担当ディレクターのAlex Gutierrez氏、DAI(ダイナミック広告挿入) observerのBradley Rouzer氏が登場しました。

他のエピソードをお探しですか? iTunes Google Play Stitcherでデータベースを購読し、 メガホンページで過去のエピソードに追いつくことができます。

同じトピックを見続ける