本コンテンツへスキップ
インサイト>TV & ストリーミング

6月のテレビ視聴時間はストリーミングが3分の1以上を占め、4ヶ月連続で視聴記録を更新

2分で読めるシリーズ|2022年7月

4つのストリーミングプラットフォームが過去最高の視聴数を記録 Netflix が月間で最大の伸びを示し、シェアポイントを完全に獲得

ストリーミングがテレビ視聴を大きく変えたということに疑問があるとすれば、2022年6月のトレンドがそれを払拭してくれるでしょう。4つのプラットフォームが過去最高の視聴シェアを獲得しただけでなく、ストリーミング部門全体ではテレビ視聴時間の3分の1以上を占め、2021年5月のThe Gauge開始以来、ストリーミングのシェアは最大となりました。

テレビ視聴は季節的に夏場に減少するが、ストリーミングが7.7%増となり、視聴者シェアが1.8ポイント上昇し、 2021年6月より6.3ポイント高い33.7%の高水準となったことが寄与し、テレビ全体の利用率は前月比1.9%増となった。

ディズニー+、Amazon Prime Video、Netflix、YouTube が視聴者シェアを拡大し、視聴記録を更新したため、ストリーミング・プラットフォーム全体では、1 ヶ月早く花火が上がりました。

  • ディズニー+:視聴時間14.7%増、シェアポイント0.2ポイント獲得
  • アマゾン・プライム・ビデオ視聴時間11.1%増、シェア0.2ポイント獲得
  • YouTube(YouTube TVを含む。)視聴時間5.2%増、シェア0.2ポイント獲得
  • Netflix:視聴時間16.3%増、シェア1ポイント獲得

放送全体では、テレビシーズンの公式終了と新しいコンテンツの不足により、2022年5月から6月にかけて視聴率は6.7%減少し、シェアポイントは2.1ポイント減少した。テレビシーズンの終了はドラマに最も影響を与え、このカテゴリーの視聴は6月に31%減少した。しかし、スポーツは、6月にNHLとNBAのファイナルが行われ、視聴率が43.8%上昇したため、放送にとって明るい話題となりました。

スポーツもケーブル視聴に影響を与えたが、その理由は逆であった。NBAのプレーオフが5月にケーブルで終了したため、ケーブルでのスポーツ視聴は42.1%減少しましたが、ケーブルで常に顕著な貢献をしている長編映画のカテゴリで相殺するには、この落ち込みは大きすぎました。6 月の長編映画視聴は 5 月から 15.8%増加し、ケーブルテレビ全体の視聴分数の 13.7%を占めました。前年同月比では、ケーブル視聴時間は11.9%減少し、シェアは5ポイント低下しました。

同じトピックを見続ける