本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ミレニアル世代の多数派を占めるオーディオの今

1分で読めるシリーズ|2015年3月

ミレニアル世代は、手のひらの上で無限のエンターテイメントを楽しむことができる、アメリカで最もコネクテッドな消費者の一人です。しかし、広告主やマーケティング担当者は、現在利用可能なさまざまなプラットフォームを通じてジェネレーションYにリーチするために多額の資金と時間と労力を費やしていますが、コンテンツを消費するための本来のプラットフォームの一つであるラジオで、この若者たちとつながることを忘れてはいけません。Nielsenの新しいAudio Todayレポートによると、米国の世代別週刊ラジオリスナー数では、ミレニアル世代が過半数を占めています。

毎週ラジオを利用している2億4300万人のアメリカ人(12歳以上)のうち、6660万人がミレニアル世代である。これは、毎週聴いているジェネレーションXとブーマーのラジオの聴衆の規模をはるかに上回っており、それぞれ5790万人となっています。若い世代はまた、多くのことを聴いているのです。ミレニアル世代は週に11時間以上ラジオを聴いており、その4分の3近く(73%)は外出先で、購買の意思決定に近い状態で聴いています。

ラジオでミレニアル世代にアプローチしたい広告主やブランドにとって、アフタヌーン・ドライブ(月曜から金曜の午後3時から7時と定義)は1日のうちで最も聴取率の高い時間帯です。一方、カントリーミュージックは、1週間を通じてY世代の視聴者に最も支持されています。

ミレニアル世代がラジオでどのような役割を担っているのかを知るために、以下はラジオ聴取に関連する全国規模の各主要世代のプロファイルである。

ニールセンについて アメリカ人のラジオ聴取習慣の詳細については、ニールセンの最新オーディオ・トゥデイ・レポートをダウンロードしてください。 

同じトピックを見続ける