本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

テクノロジーの時代。デバイスとアクティビティによって異なる世代別のビデオ視聴の好み

3分で読めるシリーズ|2015年4月

世界的に見ると、消費者はビデオ・プログラムを見るためのデバイスとして、主にテレビを選択しています。しかし、視聴方法には地域や世代による違いがあります。

ニールセンのグローバルデジタルランドスケープ調査では、アジア太平洋、アフリカ/中東、ラテンアメリカの回答者は、ヨーロッパや北米の回答者よりも、家庭内でのビデオ視聴に携帯電話を好んで使用しています。例えば、家に一人でいるときにビデオ番組を見ると答えた視聴者のうち、アフリカ/中東では41%、アジア太平洋では40%、ラテンアメリカでは38%が携帯電話で見ると答えているのに対し、ヨーロッパでは24%、北米では22%となっています。

家庭外での活動時にビデオ番組を視聴するために使用するデバイスについては、アジア太平洋地域、アフリカ/中東、ヨーロッパで携帯電話の使用率がほぼ同じ傾向にあります。一方、中南米では世界平均を上回り、北米では下回る利用状況となっています。例えば、通勤・通学時にビデオ番組を視聴する回答者のうち、携帯電話で視聴する回答者は、アフリカ/中東で59%、ヨーロッパで62%、アジア太平洋で66%であるのに対し、ラテンアメリカでは80%、北米では48%となっています。

年齢別に見ると、ジェネレーション Z とミレニアル世代の回答者は、調査に含まれるすべての場所で、1 つ以上のデバイスを使用してビデオを視聴していると報告する傾向が、年上の回答者よりも高くなっています。携帯電話やコンピュータの家庭内での使用は、特に若い消費者の間で高い数値を示しています。自宅でビデオを視聴しているミレニアル世代とジェネレーションZの回答者の42%が携帯電話で視聴していると答えており、ジェネレーションXの30%、ベビーブーマーの18%、サイレント世代の6%と比較して、その差は歴然としています。 

「デジタルネイティブである Z 世代とミレニアル世代は、メディアを貪欲に消費し、携帯電話は彼らの生活の中心となっています。「若い消費者にとって、携帯電話はもはや外出時だけでなく、リビングルームなどあらゆる場所で使用されるようになっています。コンテンツ・プロバイダーと広告主は、消費者がいる場所、使用しているデバイス、参加している活動中にリーチするために、柔軟なアプローチをとる必要があります。

家庭の外では、ほぼすべての世代で携帯電話が選ばれています。ジェネレーションXとベビーブーマーの回答者の66%は、仕事から家に帰る間にモバイルデバイスでビデオを視聴しており、ミレニアル世代の65%、ジェネレーションZの64%、サイレント世代の56%もそうしています。同様に、買い物中にビデオを見る回答者では、ベビーブーマーの74%、サイレントジェネレーションの70%、ジェネレーションXとミレニアル世代の66%、ジェネレーションZの65%がモバイル機器で見ていると回答しています。

また、このレポートでは、次のようなことも述べています。

  • 急速に縮小するメディアの境界線において、コンテンツはどのように消費されるのか。
  • ソーシャルメディアが視聴方法と視聴時間に与える影響。
  • セカンドスクリーン成功のための戦略。

詳細とインサイト 、ニールセンのグローバルデジタルランドスケープレポートをダウンロードしてください。

ニールセンについて ニールセン・グローバル・サーベイ

本調査の結果は、60カ国のオンラインアクセス可能な回答者を対象としています。オンライン調査の手法は、非常に大きなスケールとグローバルなリーチを可能にする一方で、全人口ではなく、既存のインターネット・ユーザーの習慣についてのみ視点を提供するものである。インターネットがまだ普及していない発展途上国においては、回答者はその国の一般的な人口よりも若く、裕福である可能性があります。さらに、調査の回答は、実際の測定データではなく、主張された行動に基づいています。

同じトピックを見続ける