本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

好調なセールスに支えられ、レコード盤はオフで回転している

1分で読めるシリーズ|2015年4月

最初は8トラックテープ、次にカセットテープ、そしてコンパクトディスク、そして今はデジタルです。そして長い間、デジタルオーディオの進歩は、おそらく今日まで最も強力で、超越的で、ゲームを変える音楽コンテンツ発見の形態であるレコードを最終的に消滅させるだろうと思われていました。

しかし、長尺のアルバムを好む音楽ファンからの継続的な需要や、レコード・ストア・デイの盛り上がりにより、レコードは音楽ファンにとって、新譜も名盤も聴くことができる有効な手段であり続けているのです。

実は、レコードの売り上げが急増しているのだ。ニールセンによると、アメリカでのレコードアルバムの売り上げは、2009年以来、なんと260%も伸びているそうです。

そして、着実な増台は、まあサボる気配もない。

昨年のビニール盤の販売枚数は920万枚で、2013年の610万枚から増加しました。また、今年1月から3月までのアルバム売上は、同時期のカタログアルバム(18ヶ月以上前に発売されたもの)の売上が66%増加したことにより、前年同期比53%増となりました。

しかし、レコードの売上が持ち直しているのは、クラシックロックの神々だけではありません。現行作品のレコード売上は、今年最初の3ヶ月間で37%も増加しているのです。

では、レコードの売れ筋は何でしょう?

2010年以降のLPの売れ行きを見ると、カタログ盤、新譜ともに様々な作品がありますが、売れ筋のアーティストには、誰もが楽しめる作品があることがわかります。

同じトピックを見続ける