本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

2015年米国書籍産業年末レビュー

1分で読めるシリーズ|2016年5月

私たちは皆、"Everything that's old is new again "という言葉を聞いたことがあります。書籍の領域では、その言葉はこれ以上ないほど真実味を帯びており、従来の印刷された書籍の売上はほぼ3%増加し、電子書籍の売上は減少している。その結果、市場全体に占める電子書籍の割合は、2014年の27%から昨年は24%に低下しました。ただし、ロマンスやスリラーなど、特定のジャンルはデジタル領域で他より大きなシェアを維持した。

電子書籍の総売上高がわずかに変化したにもかかわらず、デジタル空間のあるチャネルが大きく成長した。スマートフォン経由の電子書籍消費は、2014年の7.6%から2015年には14.3%に増加しており、私たちの携帯電話の親友がいかにユビキタスになっているかを改めて示しています。

カテゴリーの動向を見ると、2015年はノンフィクションが目玉で、子供向けノンフィクションが12%、大人向けノンフィクションが7%の伸びを示しました。フィクションでは、SF(44%)、古典(32%)、グラフィック・ノベル(22%)が大きな伸びを示しました。大人の塗り絵もブレイクし、2014年の100万部に対し、2015年は推定1,200万部が販売されました。

印刷された書籍の消費は回復している

BookScanの印刷書籍の総販売数は6億5300万冊で、2014年から冊数で2.8%増加した。反面、従来から出版されている電子書籍市場の約85%の出版社を通じてPOSデータを追跡しているPubTrack Digitalによると、従来から出版されている電子書籍は台数で13%減少しているとのことである。

同じトピックを見続ける