本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ケーススタディおいしさを損なわずに健康を伝える

0分で読めるシリーズ|2016年8月

健康的な生活と食事のムーブメントが社会に浸透していることは、かつてないほど大きなことです。ソーシャル・メディアの流行、食通のブログ、医学的研究の発表など、健康志向の市場が今後も続くことは明らかです。人気があるとはいえ、健康食品の中には不味い、あるいは全く味がしないという汚名を着せられるものもある。アンディーズ・クリスプとニールセンは、神経科学の手法を用い、アンディーズの新しいグルテンフリー・クラッカー・ラインの味覚を損なうことなく健康を伝える方法を国際市場で明らかにしました。

同じトピックを見続ける