本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ホリデー・ミュージックがアダルト・コンテンポラリー・ステーションの売上を牽引

1分で読めるシリーズ|2017年12月

クリスマスの12日間が終わる来週には、人々が仕事に戻り、子供たちが学校に戻り、クリスマスの飾りがゆっくりと片付けられて、何百万人ものアメリカ人のラジオの聴取パターンが通常に戻っているでしょう。一方、ホリデーシーズンはまだ本格的で、今年「オール・クリスマス」フォーマットに切り替えた全米のアダルト・コンテンポラリー(AC)ラジオ局の聴取率も毎年上昇しています。

ニールセンのポータブル・ピープルメーター(PPM)12月度視聴率は、年末にホリデー番組に切り替わることの多いACラジオが今年も好調であることを明らかにしました。実際、今年の12月の結果(6歳以上の全消費者における全米聴取率10.5%)は、包括的なPPM測定開始以来、12月のACの最高記録となりました。

さらに、これらの増加は、「PMドライブ」とも呼ばれる午後のドライブタイム、つまり現地時間の平日午後3時から7時の間にチューンインが大幅に増加したことに起因しています。つまり、ドライブタイムが今月のAC局の増加の原動力となったのです。下のチャートは、5年間のデータ・トレンドを曜日別に比較したもので、11月、12月、ホリデーシーズンの調査と比較して、ACラジオ局の1年の大半の期間の平均視聴者を検証しています。年末のPMドライブでは、クリスマス番組が放送されたため、AC局の聴取率は30%近く増加しました。

この記事で使用されているデータは、多文化なオーディエンスを包括しています。ヒスパニック系消費者層は、英語とスペイン語を話す代表的な人々で構成されています。

同じトピックを見続ける