本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

ファン待望。世界的に高まるサッカー人気

1分で読めるシリーズ|2018年6月

サッカーと呼ぶかどうかにかかわらず、サッカーは世界的に大きな魅力とファンの関心を集めているスポーツです。実際、世界の主要都市に住む16歳以上の人々の40%以上が、サッカーに興味がある、または非常に興味があると回答しており、他のどのスポーツよりも高い関心を持っています。

2018 FIFAワールドカップで各国がしのぎを削る中、ニールセン スポーツの調査によると、アメリカ、インド、中国でサッカー人気が高まっていることがわかりました。

米国では、サッカーへの関心は他国に比べて低いものの、4年前の28%から32%に上昇しています。青少年の参加、ヒスパニック系人口の増加、メジャーリーグサッカーの成長、ビデオゲーム「FIFA」の人気などが、近年の米国における「サッカーブーム」の要因となっています。

サッカーが盛んな国は?サッカーファンが多い国としては、アラブ首長国連邦が人口の8割を占めてトップ、次いでタイ、チリ、クリスティアーノ・ロナウドの母国ポルトガルと続いています。

もちろん、ヨーロッパでのサッカー人気は絶大で、ヨーロッパの5大市場(スペイン、イタリア、ドイツ、イギリス、フランス)では1億3100万人のファンがいます。また、2018 FIFAワールドカップ開催国であるロシアでは、半数以上の人(52%)がサッカーに関心を持っています。

世界中で、サッカーは性別を超えたスポーツとして注目されています。Nielsen SportsDNAのグローバル調査では、サッカーは世界的に女性に最も人気のあるスポーツであり、最近の調査では、70%の女性が男子FIFAワールドカップを "とても魅力的 "と感じ、58%の女性が女子FIFAワールドカップを "とても魅力的 "と感じていることが分かっています。

その他の洞察については、World Footballのレポートをダウンロードしてください。

同じトピックを見続ける