本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>製品

ニールセン、新興技術に関する消費者心理を探る「メディアテックトレンド調査」を新たに開始

4分で読めるシリーズ|2018年9月

テクノロジーの発展と消費者のメディアへの関わり方の変化に伴い、新たなトレンドが生まれつつあります。

ニューヨーク州ニューヨーク - 2018年9月27日 - 本日、ニールセン(NYSE:NLSN)は、今日のメディア利用を形成している新興デバイスやサービスに対する認識に焦点を当てた四半期ごとの消費者追跡調査「Nielsen MediaTech Trender」の開始を発表しました。本調査は、米国の消費者2,000人(13歳以上)を対象に実施し、スマートスピーカーやバーチャルリアリティ(VR)など、コンテンツや広告を消費するための新しいプラットフォームなど、新進・上昇中の技術に関する意見や感情を明らかにすることを目的としています。

ニールセンは、既存または新規のテクノロジーに対する消費者心理を把握することで、新しい電子機器やプラットフォームの採用を成功に導くか、または市場の魅力を得るために苦労することになる、微妙な消費者の意思決定を明らかにすることができるようになる。ニールセンのMediaTech Trenderは、消費者心理をトレンドとして測定することで、マーケターやデバイスメーカー、メディアのバイヤーやセラーに、どのテクノロジーが成功し、どのテクノロジーが衰退しているかを示す高度な情報を提供し、将来の計画を立て、メディアミックスの効率化を促進する可能性を提供することができます。

「ここ数十年のテクノロジーとメディアデバイスの革新、採用、成長は目覚しいものがあります。消費者は、信じられないほど技術に精通しているだけでなく、貪欲にプラグインしています」とニールセンのオーディエンスインサイト担当SVPのピーター・カツィングリスは述べています。消費するメディアの選択肢が非常に多く、革新的な製品が市場に投入される中、それらに対する消費者の感情を把握することは、「今」だけでなく「次」を理解する上でも非常に重要です。MediaTech Trenderは、このような新しい技術の世界と、それが消費者の認識にどのように関係しているかを、我々のクライアントが内部から覗き見ることができるという点でユニークなものです。"

MediaTech Trenderは、ニールセンの信頼できる一連のオーディエンス測定ソリューションに加え、質的インサイトや消費者の認識を補完する重要なサービスです。ニールセンは、デジタル分野における専門知識と能力を拡大し続け、クライアントや業界全体に、確立された信頼性の高い第三者測定ソースを提供しています。

MediaTech Trenderの主要な洞察。

  • 今年の第1四半期に、成人のスマートフォンユーザーの64%が1日に1回以上、SNS/アプリ内の動画を閲覧し、タブレットユーザーの46%が閲覧しています。また、若年層(18~34歳)では、この割合はさらに高く、それぞれ72%、57%でした。
  • デバイスの使用状況やコンテンツの消費方法には、人口統計学が重要な役割を果たします。今回の調査では、18~34 歳のストリーミングサービス利用者の 64%が、以前視聴した番組や聴いた番組を従来のメディアで見つけたとき、コンテンツをストリーミングする動機になったと回答していることが明らかになりました。また、35~49歳では62%、50~64歳では59%と、年齢が上がってもこの傾向は変わっていません。どの年齢層のユーザーも、視聴したいコンテンツを見つけるために、自分の行動や視聴方法を変えることに前向きなのです。
  • 成人の45%が「好きな動画コンテンツにアクセスするために動画配信サービスに加入している」と回答し、42%が「特定の番組がきっかけで加入している」と回答しました。
  • 2018年第2四半期、スマートスピーカーの世帯保有率は24%に達し、前四半期の22%から上昇しました。
  • スマートスピーカーを持っている人のうち、10人中4人が2台以上持っています。設置場所は、リビングが最も多く(63%)、次いで寝室(35%)、キッチン(28%)です。
  • スマートスピーカーには様々な機能がありますが、オーディオを聴くことが最も重要です。スマートスピーカーで最もよく行うアクティビティは音楽で、90%のユーザーが典型的な1週間に使用すると回答しています。また、リアルタイム情報(現在の気温など)や事実情報(歴史的事実など)の検索機能が次点で人気でした。
  • スマートスピーカーへの同期機能により、デバイスを接続のハブとすることが可能になります。スマートスピーカーと同期するデバイスは携帯電話が最も多く(32%)、同期するアプリはオーディオストリーミング(53%)とショッピングアプリ(52%)です。
  • ユーザーは、スマートスピーカーデバイスに対して多くの肯定的な感情を示しており、その多くは、その使用と普及がさらに進む可能性を示しています。スマートスピーカーユーザーは、スマートスピーカーの機能をもっと発見して使いたいと考えており(75%)、友人や家族へのプレゼントとして薦めたり購入したりしたいと回答しています(72%)。
  • オーディオストリーミングサービスとスマートスピーカーに関して、多文化の消費者が主導権を握っています。第1四半期では、全米平均(43%)と比較して、黒人(52%)、ヒスパニック(45%)、アジア系アメリカ人(55%)の消費者がストリーミングサービスの使用または加入に関心を示し、指標を上回りました。

ニールセンについて

Nielsen Holdings plc (NYSE: NLSN) は、世界中の消費者と市場について、最も完全で信頼できる見解を提供するグローバルな測定・データ分析企業です。ニールセン独自のデータと他のデータソースを組み合わせることで、世界中のクライアントが、今何が起きているのか、次に何が起きるのか、そしてその知識を基にどのように行動すればよいのかを理解できるよう支援しています。ニールセンは90年以上にわたり、科学的厳密性と革新性に基づいたデータと分析を提供し、メディア、広告、小売、消費財業界が直面する最も重要な問題に答えるための新しい方法を開発し続けています。

S&P500社の一社であるニールセンは、100カ国以上で事業を展開し、世界人口の90%以上をカバーしています。詳細については、www.nielsen.com をご覧ください。

お問い合わせ

サル・トゥッツェオ

sal.tuzzeo@nielsen.com

マイケル・レチェノ

michael.receno@nielsen.com