本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

スマートフォンの所有者は、そのデバイスのように多様である。

2分で読めるシリーズ|2015年3月

世界中で消費者のモバイル化が進み、ショッピングの習慣や 視聴の傾向、さらには時間のつぶし方までもが変化しています。米国では、消費者、特に多文化な消費者が、さまざまなモバイル活動のためにスマートフォンを選択する傾向が強まっています。

2014年第4四半期、スマートフォン所有者の16%が最近3ヶ月以内に携帯電話を取得したと回答し、米国における携帯電話所有者のスマートフォン全体普及率は77%まで上昇しました。最近携帯電話を取得した人のうち、91%が携帯電話端末としてスマートフォンを選択しましたが、2013年第4四半期は82%がスマートフォンを選択したのに対し、今回は91%が選択されています。スマートフォン全体の普及率は、2013年第4四半期の69%から8ポイント上昇し、急速な上昇を続けています。

しかし、多文化系の消費者は、米国平均よりも高い割合でスマートフォンを導入しており、引き続きスマートフォン普及の伸びをリードしています。アジア系/太平洋諸島系(86.6%)、黒人/アフリカ系(83%)、ヒスパニック系(82.4%)は、非ヒスパニック系白人の74.2%に対し、スマートフォン所有率の高い上位3グループです。

米国人全体では、2014年第4四半期のトップOSはAndroidで、米国のスマートフォンの49.5%がこのシステムで動作しています。一方、アップルは引き続きスマートフォンのトップメーカーで、米国の携帯電話加入者の43.6%がiPhoneを所有しています。

ヒスパニック系では、2014年第4四半期のAndroidの普及率が53.8%と最も高く、2013年第4四半期の53.7%からわずかに上昇しました。しかし、ヒスパニック系住民のiOS所有率は、2013年第4四半期の39.6%から2014年第4四半期には6%増の40.2%となりました。比較的、アジア系/太平洋諸島系住民のiOS所有率は2014年第4四半期に47.6%と最も高く、2013年第4四半期の45.8%から上昇しましたが、この層のAndroid所有率は前年比46.7%と安定したまま推移しています。

メソドロジー

データは、米国の13歳以上の携帯電話契約者30,000人以上を対象に毎月実施しているニールセンのモバイルインサイト調査に基づいています。データは主にオンラインで収集し、18歳以上のヒスパニック回答者を対象としたスペイン語の電話調査も補足しています。スマートフォンの普及率は、高レベルのオペレーティングシステムを搭載したすべてのモデル(Apple iOS、Android、Windows、Blackberry を含む)を反映しています。 

同じトピックを見続ける