本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

トータルオーディエンスレポートQ3 2015

1分で読めるシリーズ|2015年12月

最近のテレビ、ラジオ、デジタルの利用状況の調査では、比較可能測定基準の利用を検討し、1日を通しての利用パターンを分析してきた。本レポートでは、比較可能な指標と利用パターンを用いて、デバイスの所有とメディア利用における所得の影響を分析することで、この2つをベースとしています。

各メディアプラットフォームへの利用比率は、新しい機器やサービスの所有、および所得の異なる成人のこれらの機器やサービスの利用方法によって部分的に説明される。当然ながら、高所得世帯はより多くの種類のメディア機器を所有し、より多くのサービスに加入している。これは特にスマートTV、マルチメディア機器、タブレット、SVODなどの新しい機器やサービスにおいて顕著である。

世帯年収別 月間利用時間

利用面で最も興味深いのは、低所得世帯のユーザーは、高所得世帯に比べ、どの機器も利用時間が長いということです。これは、従来の機器だけでなく、新しい機器にも言えることです。  

同じトピックを見続ける