本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

データベースリニアTVにおけるアドレサブル広告の普及に向けた一歩

1分で読めるシリーズ|2020年1月

第32話

 

この1年ほどでお伝えしてきたように、リニアTVの領域でアドレサブル広告を待ち望む声は聞かれなくなりました。スマートフォン対応テレビの大量導入と、ユニークな体験に対する消費者の欲求の高まりにより、一握りのプログラマーがデータとターゲティング機能を活用して、従来のリニアテレビ環境内でパーソナライズド広告を配信しています。しかし、A+E Networks、AMC Networks、CBS、Discovery、FOX、NBCUniversal、WarnerMedia など、Nielsen の Addressable TV プラットフォームのベータ版が発表され、この分野のプログラマーの数はさらに増加することが見込まれています(ニールセンについて )。

先週の CES で収録されたこの Database ポッドキャストの特別エピソードでは、Nielsen の Advanced Video Advertising Group の統括マネージャーである Kelly Abcarian と、FOX のデータ戦略・イノベーション担当 SVP である Dan Callahan が登場しました。Nielsen のアドレス可能な TV プラットフォームのベータ版リリースが業界にとって何を意味するか、また、リニア TV 領域のアドレス可能な広告がどのように見えるか、さらに TV 視聴者にパーソナライズされた体験を導入しようとしているブランドに何を提供するかについて、二人はニールセンについて で語っています。

他のエピソードをお探しですか? iTunes Google Play Stitcherでデータベースを購読し、 メガホンページで過去のエピソードに追いつくことができます。

同じトピックを見続ける