本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

未来は待っている。技術で変わる消費

3分で読めるシリーズ|2020年2月

テクノロジーとコンピューティングパワーの次の波は、ニールセンについて 、小売業者、メーカー、マーケティング担当者を包み込み、消費者の発見、検索、関与、購入の方法を変えます。最新の調査では、世界中の消費者が、生活をより便利に、より効率的にするために用意された無数の形態の新興テクノロジーに、いつ、どのように関わるかに影響を与える課題と促進要因について検証しています。

技術で変わる4つの消費分野

75%の消費者が、テクノロジーは生活を簡素化するためのソリューションを提供できると考えています。

アンプラグド・リテール

食料品のオンラインショッピングの普及率は、今後2年間でさらに20%(利用意向あり)増加し、87%に達する可能性があります。

オーグメンテッドリアリティ

51%の消費者が、人工/仮想現実(A/VR)技術を使用して商品を評価することに前向きである。

バーチャルアシスタント

2019年、スマートスピーカーは82%成長し、世界で2億800万台となり、42%の消費者が、商品を自動注文するアシスタントを受け入れることを望んでいます。

エマージングテクノロジー

消費者は決済技術を警戒しており、埋め込み型マイクロチップ(35%)やデジタル/暗号通貨(37%)による取引に消極的です。

テクノロジーの次の波への備え

近い将来、消費者はオンライン食料品店やコンビニエンス・サービスの導入を進めていくでしょう。また、自動決済サービスやモバイルウォレットを利用したシームレスな取引サービスも勢いを増していくでしょう。最も重要なことは、店内ナビゲーションアプリ、電子棚ビーコン、自動チェックアウトの拡大により、増幅された小売体験がより一般的になることです。

これらのブロックテクノロジーは、人工知能を活用した没入型、対話型、混合型、拡張型の小売およびブランド体験の舞台となります。私たちは、A/VR が消費者行動を破壊する最大の要因になると予測しています。すでに、A/VRは消費者の購買意欲を刺激し、消費者は実際の商品を試すために実店舗を訪れるよりも、これらのアプリケーションを使用することを好むようになっています。A/VRは、消費者にリスクのないショッピングを提供し続けるだけでなく、高度にパーソナライズされた体験を提供し、消費者とブランドの関わり方を完全に変えることができます。

5Gと人工知能によって実現されるIoT(Internet of Things)は、バーチャルアシスタントが受動的から予測的に進化し、現在実行できるタスクよりも複雑なタスクを実行するようになり、未熟さから踏み出すことになるでしょう。

一方、ドローン、自律走行車、3Dプリント、埋め込み型マイクロチップ、暗号通貨など、一部の配送、運転、決済技術については、規制、物流、倫理面でのハードルがあると見ています。

専門家の意見を聞く

テクノロジー採用を促進する要因の把握

破壊の道筋や普及率は、地域や国特有のインフラ、テクノロジー、体験的な要因によって、世界各地で異なるでしょう。しかし、その勢いが増してくれば、私たちの買い物の仕方も大きく変わってくるでしょう。 

今後の技術導入の4つの課題と促進要因

拡張された小売。新しい消費者の現実

今日の消費者は、没入感のあるリアルな体験をますます渇望しています。しかし、彼らは時間や手間を惜しむことなく、そのような体験を望んでいます。その解決策は?拡張現実とバーチャルリアリティ(A/VR)技術が、あなたの近くの「店」にやってきます。

続きを読む

ARとVRがオムニチャネル2.0を牽引する

今後5年間で、A/VRテクノロジーは、消費者がブランドを発見し、選択し、共有し、購入し、関与する方法まで、ますます有意義な方法でショッピングの旅を補強することになるでしょう。

続きを読む

米国小売業の2020年ビジョンとその先

将来、ウェアラブル端末が食料品リストに追加すべきものを推奨してくれるようになる?米国のメーカーと小売業者の未来を覗き見してみました。

続きを読む

同じトピックを見続ける