本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

キーウィーを繋ぐモバイル

2分で読めるシリーズ|NZリサーチディレクター トニー・ボイト|2016年1月号
{“order”:3,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”pagePath”:”/content/corporate/au/en/insights”,”title”:”Insights”,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:5,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

平均的な1週間で、15歳以上の310万人のニュージーランド人が14時間インターネットを利用しています。これは週2日分の労働時間に相当します。

自宅や職場からインターネットにアクセスする時間は、過去1年間で1週間あたり平均23分増加しました。また、ニュージーランド人の70%がモバイル接続機器を所有しているため、「その他」の場所からのアクセスは35分増加しています。

NZのオンライン人口の3分の2近くが毎週スマートフォンからデジタルコンテンツにアクセスし、4分の1以上がタブレット端末からオンラインにアクセスしています。

ニールセンの第1回ニュージーランド人コネクトコンシューマーレポートによると、15歳以上のニュージーランド人がさまざまなプラットフォーム、スクリーン、デバイスに接続する際の行動を調査した結果、5人に2人が毎週少なくとも3台のデバイスを使用していることがわかりました。 

デジタル・タッチポイントの増加により、成功するブランド・コンテンツや体験は、一日を通して様々なタイミングで、これまで以上に多くの人々に届くようになりました。ブランドは、適切なタイミングで、適切なメッセージを発信し、ニュージーランドに住む消費者を惹きつけることができるのです。例えば、ニュージーランド人が朝一番にインターネットにアクセスするデバイスは携帯電話です。

ソーシャルメディアは、もちろん現代のデジタル体験の重要なドライバーです。

ニュージーランドでは、10人に9人がソーシャルメディアを利用しており、4分の3が毎月Facebookを利用しています。この活動に使用するデバイスは、デスクトップやラップトップが依然として主流ですが、モバイルやアプリの使用もますます増えています。毎月のFacebook訪問者の半数以上がスマートフォンのアプリからアクセスし、Twitterでは5人に2人以上がアプリからアクセスしています。

ソーシャルメディア以外では、ニュージーランド人は主に天気予報やニュースの更新にスマートフォンを利用しています。また、短編のビデオクリップも上位にランクインしており、4分の1以上が商品やサービスのリサーチ、音楽やデジタルラジオを聴いています。

ニュージーランド人のデジタルメディアへの関与の高まりは、マーケティング担当者に多くの扉を開くと同時に、広告主、メディアオーナー、コンテンツプロバイダーなど、業界関係者にいくつかのユニークな課題を提起しています。多くの新しいタッチポイントが存在するため、そのチャンスはますます大きくなっています。さらに、これらのデバイスの可動性により、様々な場所や状況でのオンラインメディアへのアクセスが容易になり、ブランドは適切なタイミングで、適切な場所に、適切なメッセージをもって消費者とエンゲージする機会を得ることができるようになりました。

同じトピックを見続ける