本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

COVID-19がオーストラリアの広告に与える影響

2分で読める本|メディア産業グループ アドインテルコマーシャル担当 ローズ・ロプレイアト氏&ニールセン アドインテルポートフォリオインサイト アナリスト ジェイク・アーウィッチ氏|2020年6月号

1ヶ月以上にわたる生活制限から脱した今、消費者の生活が近い将来どのように、そしていつ正常に戻るのかという疑問が生じています。ニールセンについて 将来への不安に直面した広告主やマーケティング担当者は、注意が必要であり、生活が正常に戻っ ても人材やビジネスが存続できるように、支出や活動を綿密にチェックしています。  

政府の主要なキャンペーン施策に加え、ニールセンのAd Intelのデータでは、2020年4月全体で多数のカテゴリー分野が前年同時期と比較して広告費を増加させたことが示されています。COVID-19に関する主要なメッセージや、パンデミックに関連した製品提供の調整に関するプロモーションが頻繁に見受けられました。

また、COVID関連広告の広告回数上位10カテゴリーを見ると、自動車が上位を占めています。特に、企業がオフィスを再開し、人々が公共交通機関を利用するか、あるいは新しい車を購入するかというジレンマに直面する中で、自動車を購入する可能性のある人々を適切なタイミングで引き留めることは重要です。

パンデミックは、消費者のメディアやリテールへの関わり方を含め、日常生活のあらゆる側面を急速に変化させました。適応こそが生き残る鍵であり、消費者行動の変化に対するアプローチを戦略的に進化させることができるマーケターは、消費者がパンデミック後のバランスを見つけるときに、ゲームを大きくリードすることになるでしょう。

同じトピックを見続ける