本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

リールコンテンツ。映画はいかにして劇場を超えるか(前編)

4分で読めるシリーズ|2013年8月

良い映画は終わらない、ブランドとなる。スタジオ、レーベル、出版社は、映画の成功を音楽、ホームエンターテイメント、書籍、ゲームに活用する方法を常に探しています。ゲーム業界から始まる4回のシリーズでは、いくつかの例を見て、「どのようにして映画が他のエンターテインメント・プラットフォームにも通用する強力なブランドとして確立されるのか」を問いかけます。

映画とゲームの関係は、マリオとルイージが初めて配管工を始めた頃にさかのぼります。映画の公開と同時にゲームソフトが発売されると、人々はその存在を意識するようになります。特に、アニメやファミリー映画を原作とするゲームでは、その傾向が顕著です。発売1~2週間前のゲームソフトの認知度は、7~12歳では27%~28%が標準です。しかし、最近のリリースを見ると、ファミリー映画とタイアップしたゲームは、その範囲をはるかに超えています。ターボSuper Stunt Squad」は、映画「Turbo」の公開1週間前に、7歳から12歳の子供たちの間で32%の認知度を獲得し、ビデオゲーム「The Smurfs 2」は、公開1週間前に7歳から12歳の子供たちの間で55%の認知度を獲得し、ビデオゲーム「Disney Planes」は、ゲームと映画の公開2週間前に7歳から12歳で51%の認知度を現在獲得しているのです。

ゲームを映画化し、映画と同じタイミングでリリースするのは簡単なことではありません。Nielsen GamesのScott Pitchford氏は、「制作サイクルが極端に短く、映画のプロットと範囲に制限されるため、ヒットするゲームを作るのはより難しくなります」と指摘しています。

この分野で開発者が直面している課題を考えると、目の肥えたゲーマーは、特定の映画の公開に関連するビデオゲームに対してより懐疑的な見方をするようになっています。Pitchford氏は、「13歳以上を対象とした大ヒットアクション映画のビデオゲーム化は、認知度の向上の恩恵を受けますが、発売前の消費者の品質に対する認識が低くなることがよくあります」と述べています。

ニールセンのビデオゲーム・トラッキング(VGT)において、「Rating Among Aware」は、ビデオゲームタイトルに対する消費者の平均評価を10点満点で測定しています。映画とタイアップしたゲームの多くは、消費者との間に波瀾万丈の過去があるため、この評価は通常より低くなることが多いようです。今年初めに発売された「スタートレック:ザ・ゲーム」は、発売1週間前の時点で、VGTの基準である28%に対し、43%の認知度でしたが、同時にVGTの基準である6.90に対し、認知度6.60を獲得しています。また、昨年夏に発売された「バトルシップ」のビデオゲームとのタイアップは、発売1週間前の時点で総ゲームユーザー数の60%の認知度を達成しましたが、Rating Among Awareのスコアは6.72と標準を下回るものでした。

しかし、消費者や批評家からの評判が良いのは、複数のプロパティを生成する大作映画ブランドです。このような場合、開発者は強力なブランドで遊ぶことができ、決められたプロットに縛られることなく、豊富なコンテンツの中から選ぶことができます。また、特定の映画の公開スケジュールに縛られることなく、制作することができます。その場しのぎではありますが、これらのタイトルは、映画フランチャイズのブランドエクイティから、発売前の認知度を高めることができ、多くの場合、消費者の品質に対する認識も維持することが可能です。発売1週間前の時点で、『ロード・オブ・ザ・リング』(The Lord of the Rings:公開1週間前の時点で、「The Lord of Rings: War in the North」の認知度は34%(VGTの標準は28%)、Rating Among Awareは7.02(VGTの標準は6.90)、「Spider-Man: Edge of Time」は認知度37%、RAA7.16、「X-Men: Destiny」は認知度40%、RAA 7.20 でした。

ビデオゲームは、映画フランチャイズの物語を進展させることもできます。ゴーストバスターズ』シリーズのクリエイターであるダン・アクロイドとハロルド・ライミスは、2009年に『ゴーストバスターズ』の脚本を書きました。2009年に発売された『Ghostbusters: The Video Game』では、前2作のプロットをさらに発展させています。今年の『エイリアン:コロニアル・マリーン』も、映画のビデオゲーム版続編で、フランチャイズ第2作『エイリアン』の直後の時間枠を舞台に、ランス・ヘンリクセンがアンドロイドのキャラクター "ビショップ" 役で再登場しています。

劇場公開とインタラクティブ・エンターテインメントの境界線が曖昧になるにつれ、映画とゲームの関係も強まる一方であることは明らかです。ディズニー・インタラクティブは、カスタマイズ可能なサンドボックス環境で、多くのディズニー作品をマッシュアップした「ディズニー・インフィニティ」を今月発売します。また、エレクトロニック・アーツ社は、今年6月に開催された「E3」において、人気の「Star Wars: Battlefront」シリーズを次世代ゲーム機で展開する計画を明らかにしました。また、ワーナー・ブラザース・インタラクティブは、「マッドマックス」の世界を題材にした新しいビデオゲームの開発を最近発表しました。

ゲームに見られるように、映画ブランドは、もはや地元の映画館にとどまるものではありません。映画ファンのために魅力的な体験を作り出すとなると、そのチャンスは無限にあります。映画とゲームの関係は、音楽、書籍、ホームエンターテイメントも同様で、現状維持なのか、増減するのか?この4回シリーズの後編は、来週の木曜日をご覧いただくか、当ブログをご購読ください。

その他のエンタテインメントに関する考察はこちらをご覧ください。

同じトピックを見続ける