本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

西欧の広告市場は成長の兆しを見せている

1分で読めるシリーズ|ステファニー・ユリ・マニング|2014年9月号

当四半期の世界の広告市場は、中東・アフリカ地域では引き続き戦争と疾病に苦しみ、ユーロ圏ではウクライ ナ危機の影響を受けて景気が悪化し、ブラジルではワールドカップが開催されたものの金融危機以来最悪の経済 成長を遂げるなど、さまざまな外部要因によって影響を受けました。第2四半期の世界の消費者信頼感指数は、ネガティブなニュースが見出しを飾る中、第1四半 期から1%ポイント上昇し、97%と緩やかな上昇を示しました。

世界的に雇用の楽観度が 2007 年以来初めて 50%に達し、北米と欧州で地域的な信頼感が高まったことで、広告主は、電波に乗せる悪いニュースにもかかわらず、第2四半期に世界の広告費を 3.1% 増加させ、楽観的になった消費者を取り込むことに成功しました。

西ヨーロッパの広告市場は、2014年第2四半期と2013年第2四半期を比較すると、ほぼ3年ぶりに0.3%増のプラスとなった。2014年上半期はまだマイナス(0.8%減)でしたが、イギリス(2.7%増)やスペイン(3.0%増)といった主要市場の広告費増加が、第3四半期に成長を継続させる勢いとなる可能性があります。 

詳しくは、レポートをダウンロードしてご覧ください。  

同じトピックを見続ける