本コンテンツへスキップ
インサイト>マーケット&ファイナンス

金融サービスマーケティングでは、長期的な成功のために、全体的なマーケティングが重要である。

1分で読めるシリーズ|2021年6月

マーケティングにおいて、特に顧客獲得に関しては、関係構築は基本的な構成要素です。金融サービス業界では、これまで多くのブランドがブランド構築よりも販売活性化戦術に重点を置いてきたため、新規顧客の取り込みが困難になっています。しかし、ブランドは営業主導のマーケティング活動を見送るべきではないと言うわけではありません。業界横断的に見られるトレンドであるパーソナライゼーションは、ローワーファネルのマーケティング活動において重要な役割を果たします。しかし、ブランド構築の努力を怠ると、よりパフォーマンスの高いローワーファネルの活性化が可能になるため、リスクがあります。 

金融サービスにおけるアッパーファネルとローワーファネルのマーケティングの相互関係をよりよく理解するために、金融サービスおよびヘルスケア担当副社長のネイト・ハッチンズに話を聞きました。ネイト氏は、自身の経験や最近の金融サービスマーケティング白書での調査をもとに、全体的なマーケティングの重要性を強調し、効果的なパーソナライゼーションの例を紹介し、マーケティング担当者がさまざまなマーケティング施策に適切に費用を割り当てるために、測定がいかに役立つかを説明しています。

詳しくは、インサイト 、当社の金融サービス・マーケティングをダウンロードしてください。ホワイトペーパー「Financial Services Marketing:Evolving Customer Relationships(金融サービスマーケティング:進化する顧客関係)」をご覧ください。

同じトピックを見続ける