本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

世界の広告費から読み取れることニールセンについて メディアの未来

3分で読めるシリーズ|2021年7月

COVID-19の大流行が引き起こした大規模な混乱の中で、新しいグローバルなメディアの風景が生まれつつあり、それはデジタルなものです。パンデミックはまだ終わっておらず、私たちは今後何年もその影響を受けることになりますが、回復力のあるメディア業界は、特定の構成要素が他を引き離して立ち直りつつあります。 

マーケティングと広告費は、業界全体の健全性を測る良いバロメーターですが、Nielsen Ad Intelのデータは、過去12ヶ月間に業界がいかに好転したかを示しています。長期的な収益は、ブランドが広告を停止する四半期ごとに2%の打撃を受けることが分かっていますが、昨年のパンデミックの発生に伴い、世界中のマーケティング担当者は劇的に支出を減らしました。しかし、その反動も束の間、2020年第4四半期と2021年第1四半期の支出レベルは、パンデミック前の季節的なレベルを上回った。

パンデミックの影響がさまざまな市場セクターに及んでいることを考えると、広告費の回復は万能ではありません。しかし、昨年大きく後退したいくつかの業界は、動きの速い消費財、耐久消費財、金融サービス、流通企業など、二桁の増加率で広告に復帰しています。

ブランド、広告主、代理店がニールセンについて 未来を考えるとき、復活した消費者のために十分なブランド構築活動を行う必要があるが、回復しつつある状況は、消費者から最も多くのエンゲージメントを集めているチャネルについて明確な指針を与えてくれる。2020年の大半の期間、接続性とオンラインでのエンゲージメントが標準を大きく上回っていることから、人々が大流行前の活動の一部(またはすべて)を再開し始めたとしても、多くの新しい行動は維持されると予想されます。

パンデミックの期間中、オンラインでのエンゲージメントが高い中、デジタル広告費は2020年を通して、第2四半期の大幅な引き下げ時にもプラスを維持したことは驚くに値しない。NielsenDigital Ad Ratingsのデータによると、米国以外の27カ国でデジタル広告のインプレッションが大幅に増加し、消費者に大きな影響を与えました。最大のデジタルプレーヤーである Facebook、Google、YouTube、Amazon では、デジタルインプレッションが 2 年間で 36% 増加しました。一方、その他のインターネット上のデジタルインプレッションは、同期間に26%増加しました。

他の市場でもそうであったように、消費者はオンラインで利用できる豊富なコンテンツに引き寄せられ、ストリーミングはパンデミックの期間中、大きな成功を収めました。世界の一部がパンデミック前の外出を再開しても、ストリーミング・コンテンツへの関心は依然として高く、ラテンアメリカ、EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)、アジア太平洋地域の27の市場でデジタル・インプレッションの37%を占めています。米国では、ストリーミング・コンテンツ(YouTubeやポッドキャストを含む)のデジタル・インプレッションが、他の市場よりもはるかに大きな割合を占めています。

重要なことは、ストリーミングがメディアの状況に大きな影響を及ぼしている以上、広告主や代理店は、デジタル生態圏全体のさまざまなチャンネルに注目する必要があるということです。ストリーミングは、ラテンアメリカ、EEMA、アジア太平洋地域でインプレッションのシェアを獲得していますが、米国ほどではありません。

その他の洞察については、最近開催したイベントのオンデマンド録画をご覧ください。 イベント「State of Global Media.

同じトピックを見続ける