本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

4月のテレビ視聴総数が減少する中、ストリーミングは再び高水準に上昇

3分で読めるシリーズ|2022年5月

視聴者は総テレビ視聴時間の30%以上をストリーミングで過ごし、HBO Maxは1%を占める

4 月はストリーミングにとって新たな節目となりました。視聴者は総テレビ視聴時間の 30%以上をオーバーザトップビデオコンテンツに費やしました。ストリーミングがテレビの総利用時間の30%を超えたのはこれが初めてです。テレビ視聴の総量が2.1%減少したにもかかわらず、3月とほぼ同量のストリーミング配信が行われたため、シェアが増加しました。

私たちが追跡してきたように、ストリーミング業界の成長は、それぞれが独自のコンテンツロスターを提供する多くの新規参入者を迎えています。この成長は、「その他のストリーミング」カテゴリのエンゲージの上昇に反映されており、Nielsenが2021年5月のテレビ視聴データでThe Gaugeを発表して以来、2ポイント以上シェアを伸ばしたことになります。そして4月には、HBO Maxがそのシェアを1%に伸ばし、下のチャートで単体で表示される基準値となりました。 

ストリーミングの視聴量は前月比で横ばいとなったが、放送は3%、ケーブルは2.5%それぞれ減少した。放送は、ドラマが14.7%減、スポーツが38.2%減となった。ケーブルは、ニュースが16.9%減少したが、NCAAバスケットボールファイナルとNBAの視聴により、スポーツが17%増加し、バランスが取れた。

以下、方法論の詳細に案内してください。

ニールセンの製品戦略担当SVPであるBrian Fuhrerが、The Gaugeを支える視聴環境の変化の舞台裏を紹介するビデオをご覧ください。

方法論とよくある質問

このゲージは、消費者が放送、ストリーミング、ケーブル、その他のソースなど、主要なテレビ配信プラットフォームでどのようにコンテンツにアクセスしているかを毎月マクロ分析します。また、主要な個別ストリーミング配信事業者の内訳も掲載しています。グラフ自体は、各ストリーミング配信事業者のカテゴリー別、およびテレビ利用全体に占めるシェアを示しています。

同じトピックを見続ける