本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

広告と視聴者広告費に意味を持たせるために

1分で読めるシリーズ|2014年5月

アメリカ人は時間の5分の1以上を従来のテレビ視聴に費やし、その結果、多くの広告を目にすることになります。Nielsenの年次報告書「Advertising and Audiences」によると、広告露出の増加に加え、放送テレビでは毎時のコマーシャル時間が前年より増えている。過去5年間では、ネットワークテレビの増加にもかかわらず、2013年の各時間の平均コマーシャル時間は、ネットワークテレビの14分15秒に対して、ケーブルテレビは15分38秒でトップとなっています。

さらに広告スポットの放映チャンネルが増えたため、マーケティング担当者にとって広告を定着させるのは至難の業です。ですから、テレビ広告費が増加傾向にあるのも不思議ではありません。米国では、2009年の640億ドルから、2013年には780億ドルを突破しました。しかし、放送とケーブルテレビの両方で、30秒のプライムタイムのテレビ広告スポットの平均コストは、同じ期間にわずかに減少し、2013年には7,800ドルだった。しかし、放送局のプライムタイム枠の平均価格は、2013年には75,000ドルと、10倍近くにもなっています。

広告主は、広告費の増加に加えて、より短い広告を制作することで、動画のエコシステムの変化に適応しています。2000年に放映されたテレビ広告のうち、15秒の広告はわずか35%でしたが、2013年には44%に増加し、一方、30秒の広告は同期間に62%から53%に減少しています。

同じトピックを見続ける