本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

オーディオが進化しても、放送局のラジオは王者であり続ける

3分で読めるシリーズ|2018年2月

アメリカでは、情報やエンターテインメントを聴く方法が年々増えています。ラジオ、オンデマンドストリーミング、ポッドキャスト、デジタルラジオサービス、衛星ラジオ...そのリストは増え続けています。さらに、コンテンツがあらゆる場所で、あらゆるデバイスで利用できるため、私たちがメディア全般の黄金時代にいることは疑いようがない。しかし、ニールセンの2017年第2四半期のComparable Metrics Reportによると、すべてのメディアプラットフォームで消費者にリーチする方法として、ラジオは依然としてトップです。

毎週、多くのアメリカ人がAM/FMラジオを聴いており(93%)、テレビを見たり、スマートフォンやタブレット、コンピュータを使用するよりも多い。同時に、ストリーミング・オーディオは、同じデバイスの多くで聴くことができる方法を消費者に提供します。

毎週、より多くのアメリカ人が、テレビを見たり、スマートフォン、タブレット、コンピュータを使うよりも、ラジオを聴いている(93%)。

そこで、リンゴとリンゴを本当に比較するためには、AM/FMラジオ(放送局とそのオンラインストリームの両方)と、あらゆる形態のストリーミングオーディオ(音楽とトークの両方を配信するアプリやウェブサイト)を検討し、比較できる指標に目を向ける必要があります。これにより、すべてのメディアに適用できる3つの基本的な概念、すなわち「何人」「何回」「何時間」を使って、オーディオの使用について深く掘り下げ、リスナーを評価することができるのです。これらの比較可能な指標を通して見ると、AM/FMラジオとストリーミング・オーディオがどのような位置づけにあるかがわかります。

何人いるかテレビ(ライブ、DVR、タイムシフト)の2億1650万人、スマートフォンのアプリ/ウェブの2億400万人、スマートフォンのビデオの1億2760万人に対し、AM/FMラジオは毎週、米国の他のどのメディアよりも多くの人々にリーチし続けています。オーディオの状況を見ると、放送ラジオの週間リーチは2億2850万で、ストリーミングオーディオの6760万、衛星ラジオの3590万、ポッドキャストの2070万を上回ります。

どれくらいの頻度で米国人はラジオを週5日利用するのに対し、スマートフォンやタブレットでのストリーミングは3日、パソコンでのストリーミングは2日となっています。

どれくらいの時間各オーディオのリーチ(何人)と利用頻度(何回)を理解することで、ラジオとストリーミングオーディオの利用時間(何分)を計算することができます。P18+の全ユーザーの総利用時間(グロス分)を比較すると、平均的な1週間ではラジオがストリーミングオーディオを14:1の割合で上回っています。

AM/FMラジオとストリーミングオーディオを合計すると、1週間あたり2,020億分以上になり、AM/FMラジオが1週間あたりの総分数の93%を占めるのに対し、ストリーミングオーディオはおよそ7%となっています。

オーディオの世界は、テクノロジーの進歩により、より多くの選択肢が消費者に提供されるようになり、あらゆるメディアの利用が促進されています。このような変化の中で、AM/FMラジオはより多くの人々に届けられ、オーディオに費やす時間を最も多く稼いでいます。

ソーシング

ニールセンの2017年第2四半期のComparable Metrics Reportは、2017年第2四半期中の平均的な週の視聴者測定データを使用しています。AM/FMラジオデータは、ニールセンのRADARおよびNational Regional Databaseシステムから得たものです。ストリーミングオーディオデータは、ニールセンの電子モバイル測定(EMM)パネルから供給され、音楽とトークの両方のオーディオコンテンツを提供するために特別に設計されたスマートフォン、コンピュータ、タブレットで使用するサイトとインターネットアプリケーション(例:Pandora、Spotify、iHeartRadio)が含まれる。How many」パラグラフのオーディオ・ランドスケープの説明のデータは、ストリーミング・オーディオを表すために使用されるオンラインラジオ/音楽サイト(例:Pandora、Spotify、iHeartRadio、TuneIn)および衛星ラジオとポッドキャストの消費を毎週追跡するNielsen Scarborough USA+ Release 1 2017を使用しています。

同じトピックを見続ける